成山第2砲台 28cm榴弾砲座

成山第2砲台は、第1砲台と同じ明治24年に竣工し、28cm榴弾砲2門と12cmカノン砲2門が装備されていた。
こちらは砲座や砲床が確認出来るだけ、第1砲台よりはマシであるが、余程のマニア以外はお勧めしない。

成山第2砲台28cm榴弾砲座この先に砲座があるが、ここから行くには相当な困難がある。

成山第2砲台28cm榴弾砲座 (7)いくつかの地図サイトを見ても、この付近の道が詳しく載っていないが、実は砲座の前部側から行った方が楽に行ける。
この先を進めば砲座の前部に行き着く。この道の左手に砲座がある。

成山第2砲台28cm榴弾砲座 (5)道のすぐ脇に窪みとレンガの遺構が見える。この窪みは観測所跡だろうか?

成山第2砲台28cm榴弾砲座 (4)観測所かと思う窪みの両脇に砲座がある。ここは1砲座に1門が備えられていた。

成山第2砲台28cm榴弾砲座 (2)左砲座の横墻部。手前に砲床が見える。

成山第2砲台28cm榴弾砲座 (6)榴弾砲特有、円形の砲床が残っている。
全体を撮ろうと退れば、草が邪魔になって何が何だか分からなくなり、近づくと一部しか写せない。

成山第2砲台28cm榴弾砲座 (3)掩蔽部。砲座の間に地下式で作られている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お見事

第二砲台探索、お見事でした。いろいろな方が探索に入られているようですが、正攻法でアプローチしようとして、草木の想像以上の繁茂に阻まれて頓挫するか、大変な苦労と時間を費やしてやっと辿り着いているようです。

逆転の発想ではありませんが、搦め手ならぬ正面側(胸墻)からアプローチしたことは目から鱗です。

砲座等の画像も苦労して撮影されているのがよくわかります。でも、そのおかげで当時の状況の概要がよくわかります。

過去に調査した方の記録によると、砲座入口には隧道のような構築物があったとのこと。もし砲座近辺の様子がわかっていたらお教えください。

また、高崎砲台の砲座のことも気になります。隠顕砲座から通常の砲座に変更になったうえ、戦後の破壊が徹底的だったようで跡が判明しないようですが、現状はどのような状態なんでしょう・・・。

Re:お見事

>トッポ作さん
砲座の大体の位置が判っていたので、付近を探していたら偶然レンガの遺構が見えたのが砲座前面だっただけです。

砲座入口の隧道は掩蔽部の事ではないでしょうか?
少なくとも左砲座に至るまでは隧道は無かったです。

高崎砲台も近く公開予定ですので、お待ち下さい。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR