輜重兵第4連隊

騎兵第4連隊の南、現在の近畿中央胸部疾患センターが建つ場所は、輜重兵第4連隊の衛戍地であった。
輜重兵第4大隊(当時)は、大阪城の南、法円坂町から昭和9年にここへ移転し、昭和11年に連隊となった。
今回もこちらのブログに記載されている、この地図を参考にした。

堺市の遺構 (17)
近畿中央胸部疾患センター前に残る門柱。詳細は不明だが、移設されたと推測する。

堺市の遺構 (10)隣接する金岡公園南西端にも門柱が残っているが、こちらは塀も残っている。

堺市の遺構 (6)
近畿中央胸部疾患センター内には、国旗掲揚塔と忠魂碑が残っている。

堺市の遺構 (4)忠魂碑 柵で囲まれていて見難い。

堺市の遺構 (5)
この国旗掲揚塔は、輜重兵第4大隊出身者が、この地への転営記念で作った様である。

堺市の遺構 (11)金岡公園の北西には、兵営の塀が残っている。

堺市の遺構 (12)
さらに塀の北側には、大阪陸軍病院金岡分院の忠魂碑がある。昭和16年9月建立
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。ここの近所に住んでいました、というか跡地の中学校の卒業生です。
憲兵隊庁舎の跡地似できた幼稚園の卒園生でもあります。
中学校は不発弾がまれに敷地内から見つかってました。
後、体育倉庫に入り口の詰所らしいものが使われてましたが、上の写真にある同じデザインのものが近畿中央胸部疾患センター前の門柱脇にもあり、こちらは10数年前まで病院の守衛の詰所になっていました。
私が最初いた幼稚園の古い園舎は憲兵の宿舎っぽい建物でした(キリスト教系なのですが昔の礼拝堂は庁舎そのものでした。私の通っていた頃は礼拝堂はすでに建て替えられていました)。

Re: No title

>>よしくんさん
はじめまして。
学校施設は比較的多くの遺構が残っているのですが、このご時世ですので見学もままなりません。
出来る事なら、中学校の中を見学させてもらいたかったのです。
今は遺構も老朽化していて、近年でも多くが取り壊されています。
郷土の歴史として語り継いでください。
貴重な情報をありがとうございます。

No title

遺構の保存がほとんどされていないのは残念です。
中学校の中は体育倉庫以外残っていなかったと記憶しています。
中学校を作る際にかなり徹底的に整地したらしく、校舎も体育館も1960年代の典型的な建物ばかりでした。
奥の警察学校との仕切りそばにも倉庫がありますがこれは私が入る10年ほど前の様式で明らかに開校後の新築でした。
基地時代の体育倉庫は道路拡張でなくなりました。
体育倉庫横に堺市駅南から引込線が入ってきていたそうです。
ただ、引込線が輜重隊時代からのものか、進駐軍が来てから新設されたのかは分かりません。
あと、金岡団地の場所が練兵場として使われていたとは知りませんでした。
戦後すぐに生まれた母の話では田んぼが広がっていたとのことで、GHQがなぜそのまま接収しなかったのかは分かりません。

Re: No title

>>よしくんさん
終戦直後は旧軍の施設は普通に有ったので、保存するって意識がなかったのでしょうね。
今残っている遺構でも、実際には使っていない物は、取り壊す予算が無いから残っているだけで、出来るなら取り壊したいのが実情の様です。

引き込み線ですが、輜重兵は輸送を担当しているので旧軍の物ではないでしょうか?
本当は市史等を調べて発表出来ればよいのですが、地元でないと難しいのが現状で、実際に跡地の事を知っている人の意見は大変貴重です。ありがとうございます。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR