由良白崎回天基地

紀伊水道に面した和歌山県日高郡由良町白崎には、日本の渚百選にも選ばれた白崎海洋公園があり、ダイビングやオートキャンプなどレジャー客が多く訪れている。
しかし、ここは戦争末期に回天の基地が造られ、対岸の徳島県小松島に司令部がある第6特攻戦隊第22突撃隊に所属する、第16回天隊(回天×4)が配備される予定であったが、配備前に終戦を迎えた。
変換 ~ 白崎回天基地 (14)
白崎の全景、岬が石灰岩で出来ているために真っ白でよく目立ち、トンネルが造られている。

変換 ~ 白崎回天基地 (15)
このトンネルが回天基地の跡とされている。

変換 ~ 白崎回天基地 (7)
トンネルを海側から見ると大きな穴が開いていて、回天基地と紹介されているのをネットなどでよく目にする。

変換 ~ 白崎回天基地 (1)
トンネルの内部。とても大きいトンネルで開口部があるため中は明るいが、なんと素掘りである!

変換 ~ 白崎回天基地
トンネルの途中には壕を塞いだ跡がある。

しかし、ここを回天基地とするのは、どうも違和感がある。
それはすぐに気付いた。
まず、1枚目の写真を見て頂ければ判るのだが、トンネルの路面から水面までは3~4m程あり、また3枚目の写真の開口部は海に面しておらず、この開口部から回天を降ろす事も、台車等に乗せて海まで運ぶ事も地形的に無理があるのだ。
また、開口部が外(海側)にあるために空襲などで至近弾を受けたら、トンネル内に被害が出てしまう。
まぁ、戦後の道路拡張でそうなった可能性はあるが、トンネル自体も開口部も無駄にデカ過ぎる。

変換 ~ 紀伊防備隊 107
トンネルを抜けると白崎海洋公園の入口がある。
目の前にある岬、石灰の採集が行われていた様でいくつかの穴が開いている。
この岬を反時計回り(北に向かって)歩くと

変換 ~ 紀伊防備隊 121
道路と崖の間に、何やら開口部がある。
どうやらこの道は戦後埋め立てられたようであり、いくつか壕がある。

変換 ~ 白崎回天基地 (8)
その上にはクレーンを設置していた様なコンクリートの基礎があり、開口部には柵が設けられている。

変換 ~ 紀伊防備隊 120
中を見ると、コンクリートで造られた壕らしきものがあり、土砂で少し埋まってしまっている。

変換 ~ 紀伊防備隊 112
さらに排水溝が作られている壕もあった。

変換 ~ 白崎回天基地 (22)
こちらは、ほぼ完全に埋まってしまっている。
こちらが回天壕であると推測するがいかがだろうか?

この由良白崎基地に配備予定であった第16回天隊には4人の隊員がいたが、そのうち3人は予科練甲飛13期であり、104名の回天での戦死、殉職者のうち40名が甲飛13期生であった。
この地から出撃が無かったのが救いである。

白崎回天基地の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トンネルすごいですね!見てみたいものです。

No title

>>榴弾砲さん
交通の便は悪いです。
友ヶ島と併せて訪ねたら良いかと思います。

No title

すごいですね・・・
さすがです。
海側の物が回天の基地と見られますね。

No title

>>バンデラさん
あのトンネルも基地の一部だったのかもしれませんが、回天壕は北側の物だと思います。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR