丸亀連隊

香川県丸亀市は歩兵第12連隊の兵営が置かれていた。
歩兵第12連隊は、明治8年9月に軍旗が親授された、西南戦争にも参加した数少ない連隊の一つである。
その後、日清戦争、北清事変、日露戦争に参加。日露戦争では旅順攻略戦で甚大な被害を受けたが、大孤山、東鶏冠山を占領した。
大正9年にはシベリア出兵に動員され、ウラジオに上陸、沿海州で警備にあたった。
昭和7年、第一次上海事変では、敵前上陸を敢行し、各要点の占拠に活躍した。
昭和12年、日中戦争勃発により呉淞鎮に上陸し、以後、戦闘に従事するも多くの犠牲者を出す。
連隊は凱旋間もない昭和13年9月、満州に移駐。以後は、関東軍の主力として満州の警備に当たるも、昭和19年、第3大隊をグァムに派遣、優勢なる米軍相手に奮戦するも、玉砕する。
連隊主力は、昭和20年3月に内地転用を命じられ、高知で終戦を迎える。
(「わが連隊」ノーベル書房より抜粋)

これほど歴史のある連隊ではあるが、遺構は少ない。

変換 ~ 丸亀護国神社  (2)
丸亀護国神社には、門柱が一本保存されている。

変換 ~ 丸亀護国神社  (3)
表札には「西部第三十二部隊東門」と書かれている。西部第三十二部隊とは、歩兵第12連隊が満州移駐後に編成された歩兵第112連隊のことらしく、この門柱を歩兵第12連隊が使っていた物なのかは不明なので、タイトルを丸亀連隊とした。

変換 ~ 丸亀護国神社  (4)
軍旗塚 高知で奉焼された軍旗の灰をここに納めてある。

歩12兵跡地に作られた市民広場には、丸亀歩兵第12連隊跡地の碑と、丸亀歩兵第112連隊編成之地の碑

変換 ~ 丸亀城址また付近には、
レンガの遺構と思われる物が残っている。場所的に塀であろうか?
しかし、何故、これだけが残っているのだろうか?

丸亀護国神社の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Re: No title

〉志望動機さん
ありがとうございます。とても励みになります。
今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR