伊張山堡塁再訪

先日紹介した伊張山堡塁を再び訪ねた。
前回はトンネルに入れなかったので、今回は照明を準備して向かう。
前回のレポートを補足しながら紹介したい。

伊張山 再訪 (4)右の砲側庫とトンネル入り口。右の坂を登ると右翼射垜がある。

伊張山 再訪右翼の射垜。

伊張山 再訪 (3)
トンネルの内部。
入口(堡塁内部)方向を見る。予想に反して弾薬庫や兵員待機室はなく、ただのバイパス用のトンネルだった。

伊張山 再訪 (2)
出口(堡塁外側)を見る。このトンネルの上に砲座や射垜が設けられている。
見て判る通り、床面には滑り止めの石が埋め込まれている。これは広島湾要塞三高堡塁砲台でも見られる。

伊張山 再訪 (7)トンネルの出口側。

伊張山 再訪 (6)砲座前面の土塁。上部は射垜になっているようであり、この土塁が堡塁を囲んでいる。(一部破壊されている)

伊張山 再訪 (5)左翼の射垜。
2つの砲座と右翼の射垜は同一列線にあり、射撃方向が西であるのに対し、左翼の射垜は左側方の南側を向いている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR