伊張山堡塁への行き方

前回紹介した赤松山堡塁に続き、同時期に竣工した伊張山堡塁を紹介する。
伊張山堡塁は赤松山堡塁に比べて行きやすいが、情報が少ないので行き方を含めて紹介する。

変換 ~ 伊張山堡塁 (91)
伊張山堡塁に向かう最初の分岐点

変換 ~ 伊張山堡塁 (4)
さらにここから山に入って行く。

変換 ~ 伊張山堡塁 (5)
道は舗装されていて、小型車ならば通行は可能である。ただ、対向車が来た時の事までは知ったこっちゃない!

変換 ~ 伊張山堡塁 (7)
途中の景色
紀淡海峡が一望出来る。対岸の一番手前に見えるのが友ヶ島である。

変換 ~ 伊張山堡塁 (87)
堡塁の手前にある赤松山堡塁に向かう軍道。これを行けば前回に紹介した分岐点に向かうと思われる。

変換 ~ 伊張山堡塁 (9)
この切り通しを抜けると堡塁はある。

変換 ~ 伊張山堡塁 (12)
堡塁の入口には案内があるので、見逃す事はないだろう。
と言うか、堡塁目的で訪ねて来るのは相当のマニアなので、こんなの無くても見逃すはずが無い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

観音崎の軍道も舗装されてなかったら下から3番目のような感じになるんでしょうね・・・
堡塁の入り口が三軒家砲台の貫通してる弾薬庫の入り口に似てますね。

Re: No title

>>バンデラさん
観音崎は舗装されていますが、未舗装の軍道も結構残っていて、こんな感じですよ。
軍道では切り通しは多いですね。

No title

まだ入ったことないです・・・
薮をかき分けて行きますよね?

切り通し多いですね。

Re: No title

場所にもよりますが、藪漕ぎはありますよ。
和歌山側に有る、大川山堡塁はひどかったです。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR