歩兵第6連隊 兵舎

愛知県犬山市にある明治村には、歩兵第6連隊の兵舎が移設展示されている。
歩兵第6連隊は、明治7年に軍旗を親授された歩兵連隊の中でも最古参の連隊の1つである。

明治4年、東京鎮台第3分営が置かれ、藩兵などを総括して第6番大隊として名古屋城内に駐屯した。
明治6年、名古屋鎮台が創設され、その指揮下に入る。
明治7年3月、2個大隊をもって歩兵第6連隊が編成された。
以後、明治10年に西南の役に出動し、明治27年には日清戦争に出征する。
明治37年、日露戦争に出征し、遼陽会戦、沙河会戦、奉天会戦に参加。幾多の武勲を立て凱旋する。
大正7年8月、シベリアに派兵され、10月に帰国。
昭和3年5月、済南事変により出動、山東省で警備にあたり、1年後の昭和4年5月に帰還する。
昭和9年4月、満州に派遣され2年間警備、教育訓練に従事し昭和11年4月に帰還する。
昭和12年、日中戦争が勃発すると8月に名古屋港より出港、呉淞に敵前上陸を敢行する。以後、南京、徐州、武漢、宜昌、漢水作戦に従事し、太平洋戦争では中支、南支を転戦中に終戦を迎える。
(わが連隊:ノーベル書房から抜粋)

明治村に移設されているのは、明治6年、歩兵第6連隊が創設された際、名古屋城二の丸に新築された第10中隊の兵舎で、元は50mを超える長い建物であったが、移築に際し約2/3に切り縮められている。
創建当時の窓は現在の約半数であったが、のちに室内を明るくするため増設されている。また、内務班、中隊長室、下士官室等が当時の姿に復原されている。(明治村HP、案内板から抜粋)

明治村歩兵6連隊兵舎 (1)
兵舎の全景。移設場所の関係で正面から撮ることは難しい。

明治村歩兵6連隊兵舎 (2)
反対側から見る。

明治村歩兵6連隊兵舎 (3)
正面アップ

明治村歩兵6連隊兵舎 (4)
入り口部分

明治村歩兵6連隊兵舎 (5)
反対側から見る。

明治村歩兵6連隊兵舎 (6)
居住区

明治村歩兵6連隊兵舎 (7)
見習い士官室

明治村歩兵6連隊兵舎 (8)
中隊事務室

明治村歩兵6連隊兵舎 (9)
中隊長室。中隊長室、中隊事務室、見習い士官室は2階にあったが、現在は1階に再現されている。

明治村歩兵6連隊兵舎 (10)
下士官室

明治村歩兵6連隊兵舎 (11)
1階廊下。2階は改装されていて遊戯場になっているのは残念だが、保存するためには仕方ないのだろう。逆に、保存されていることを感謝しなければならない。

明治村歩兵6連隊兵舎 (14)
階段を上がった2階部分

明治村歩兵6連隊兵舎 (12)
2階窓のアップ

明治村歩兵6連隊兵舎 (13)
当時のガラスが残っており、写真では分かり難いが実際に見ると波打っている。

明治村歩兵6連隊兵舎 (16)
反対側を見る。同じ作りである。こちらが正面?

明治村歩兵6連隊兵舎 (15)
側面を見る。

明治村歩兵6連隊兵舎 (17)
反対側
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とナマコ酢と、焼き魚(特に、タチウオ、エボダイ、ニシン)をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める、正統派の変人です。


紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR