比謝川河口の震洋壕

読谷村比謝川河口に震洋の格納壕がいくつか残っている。
ただ訪ねた時間帯が悪く、潮が満ちていた。また、事前準備が悪く場所が完全に把握できておらず、ほとんど見ることが出来なかった。
ここに配備されていたのは海上挺身隊第29戦隊第1中隊と言われ、ここから出撃したとの話や、実際には出撃は無かったのと話もあり詳細は不明。

比謝川の震洋壕 (2)
河口に向かうと最初に見える壕。付近は崩落しており、よく見ないと分からない。

比謝川の震洋壕 (1)
格納壕 降りようと思ったがハブがいたら困るのでパス。

比謝川の震洋壕 (4)
2つ目の壕

比謝川の震洋壕 (3)
内部の様子。掘削途中か?

比謝川の震洋壕 (5)
岩質はザラザラで結構痛い・・・

比謝川の震洋壕 (6)
この先は潮が満ちていて断念。

比謝川の震洋壕 (7)
格納壕だったのか?、天然のガマなのか?

比謝川の震洋壕 (8)
人為的な物か、自然の物か不明の窪み。この先、上流にも格納壕がある様だが、こちらも潮が満ちており行けなかった。

比謝川河口への震洋壕アクセスはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR