与那城防空監視哨

うるま市与那城には防空監視哨が残っている。これは沖縄に11か所設置されたうちの一つであり、昭和19年10月10日の空襲時、最初に敵機を発見し県知事から感謝状が贈られている。
監視哨が設置されたのは昭和13年頃で、最初は雨戸を6枚建てただけの造りだったが、昭和18年に今のコンクリート造りに替えられた。(説明板から抜粋)
現在の監視哨の状態は悪く、早急に補修や保存措置を取らないと崩壊する可能性がある。

与那城監視哨 (1)
登り口には案内板があるので迷うことはないだろう。

与那城監視哨 (8)
説明板の脇道を上っていく。

与那城監視哨 (7)
上りきると監視哨がある。

与那城監視哨 (2)
反対側から見る。

与那城監視哨 (5)
内部の様子。天井を支えていたと思われる柱は上部のみを残して無くなっている。

与那城監視哨 (6)
入り口を見る。

与那城監視哨 (4)
監視窓から見える風景

与那城監視哨 (3)
機銃掃射だろうか?無数の弾痕が残る。

与那城防空監視哨への入り口はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とナマコ酢と、セロリをこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く異様に静電気を恐れる正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR