嘉数高台公園に残る遺構

今、オスプレイで話題の、普天間基地が一望できる宜野湾市嘉数高台公園には、陣地壕とトーチカと言われる遺構が残っている。
この付近は沖縄戦一番の激戦地であった。

嘉数公園 (1)
公園内には弾痕が残る塀を移設展示している。

嘉数公園 (2)
弾痕の残る塀の脇にある階段を上ると、トーチカと陣地壕の案内があるので迷うことはないだろう。

嘉数公園 (3)
テンションだだ下がり・・・

嘉数公園 (5)
壕の開口部

嘉数公園 (4)
元々自然のガマを使ったと思われ、開口部から急に深くなっている。

嘉数公園 (14)
山頂付近に残るトーチカと言われる遺構

嘉数公園 (6)
正面から見る。大きく破壊されており戦闘の凄まさしさが判る。

嘉数公園 (7)
更に正面向かって右にも開口部がある。

嘉数公園 (9)
左正横から見る。

嘉数公園 (10)
内部から見る。激しく破壊されているが、両方同じ作りだったと思われる。

嘉数公園 (11)
入り口部分。土砂が流入して狭くなっているのでは?

嘉数公園 (12)
破壊された開口部から外を見る。

嘉数公園 (13)
もう一つの開口部

嘉数公園 (15)
さて、いつもの事で恐縮なのだが、写真の日向と影が分かれる舗装の切り欠部にトーチカと言われる遺構はある。位置的にも形状的にも、斜面を上ってくる敵を射撃できないのは明らかである。この遺構はトーチカと言われているが、構築場所、銃眼の形状などから監視所または観測所でないかと推測するが、いかがだろうか?

チンタ浜踏切 (3)
これは北海道に残る重機関銃用のトーチカ。銃眼の形状や大きさを見ていただくと一目瞭然である。

嘉数高台公園に残るトーチカと言われる遺構の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とナマコ酢と、焼き魚(特に、タチウオ、エボダイ、ニシン)をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める、正統派の変人です。


紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR