由良要塞司令部への軍道

淡路島にある兵庫県洲本市由良町にはかつて由良要塞司令部があり、付近には砲台をはじめとして数多くの旧軍遺構が残っている。

まずは簡単な由良要塞の説明をしたい。
なお、由良要塞のレポートは、近代築城遺跡研究会(以後、研究会と記す)発刊 由良要塞Ⅰ、Ⅱ参照とした。
また、紹介している遺構は、洲本市役所商工観光課から頂いた、由良要塞関係遺跡図に記載されている名称を使う。

由良要塞は京阪神の防衛のために、和歌山県と淡路島間の紀淡海峡に作られた要塞で、由良地区、友ヶ島地区、深山地区に分けられている。(後に鳴門要塞を合併して4地区となった)

由良要塞の建造は明治22年の生石砲台を始めに、友ヶ島、成山、深山、鳴門の順に造られ、明治29年には由良要塞司令部が出来た。 
由良地区の遺構は情報が少なく探索に苦労したので、由良要塞司令部へ向かう軍道付近に残る遺構のガイドを兼ねて紹介する。
詳細位置は青字をクリック

変換 ~ 軍道入口 (2)
洲本から海沿いの道を通って由良に向かうと、由良バス停前が軍道の入口である。

変換 ~ 憲兵屯所 (3)
軍道に入らず、海沿いの道をそのまま100m程進めば憲兵屯所の塀が残っている。

変換 ~ IMG_1543
軍道脇に残る、陸軍省所轄地の境界石

変換 ~ 憲兵分隊所前軍橋 (4)
軍道には、レンガ造りの軍橋も残っている。

変換 ~ 憲兵分隊跡 (2)
司令部隣の憲兵分隊跡地にも「陸3」の境界石が残っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分も行ってみたいです。
煉瓦の橋はすごいですね。

No title

>>バンデラさん
淡路島の由良には多くの遺構が残っています。
私は行けなかったのですが、太平洋戦争末期の洞窟砲台も有る様です。

由良は交通の便が悪いですが、是非とも訪ねて下さい。
遺構の場所も出来るだけ明記します。

No title

就職後にお金と時間に余裕が出来たら是非行きたいと思います。

Re: No title

>>バンデラさん
ご就職が決まった様ですね!おめでとうございます。

そんな事言うのものも何ですが、まずは和歌山側に行ってください。
そっちの方が絶対に良いです。

No title

ありがとうございます。
運良く一次募集で採用が決まりました。

和歌山側ですね。
車の免許が取得できたら行きたいです。

No title

>>バンデラさん
淡路島の砲台は破壊されていて状態が悪いんですよ!
和歌山側の方がずっと良いです。

ただ、どちらも冬に行ってください。以前、秋に行った時はスズメバチが多くて困りました。

No title

破壊されてるのは残念ですねぇ・・・

了解です(笑)
kanさんは車で調査に行きますか?

No title

>>バンデラさん
基本行きませんが、仕方ない時は行くかもしれません。
細かい境界石などまで見る時は、徒歩か自転車です。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR