荒尾二造 その6

荒尾二造跡地の各所に残る火薬庫を紹介する。
マップには、大型火薬庫と小型火薬庫とされているが、大型は出入り口が2か所、小型は1か所で区分されているようである。
また今回の訪問は保存会の方が事前にアポを取っておいてくださったが、私有地内の火薬庫もあるので、訪問の際は気を付けてもらいたい。

荒尾火薬庫群 (1)
大型火薬庫 分かり難い場所にある。

荒尾火薬庫群 (4)
大型火薬庫 農具庫置き場になっている。オリジナル性は高いと思われる。

荒尾火薬庫群 (3)
土留(で正しい用語でしょうか?)には大きな石が使われている。

荒尾火薬庫群 (2)
内部の様子

荒尾火薬庫群 (5)
大型火薬庫

荒尾火薬庫群 (6)
接収時代の番号が残る。

荒尾火薬庫群 (7)
大型火薬庫 車庫として使われている。

荒尾火薬庫群 (8)
内部の様子

荒尾火薬庫群 (9)
小型火薬庫

荒尾火薬庫群 (10)
盛り土は少なくなっているが、火薬庫時代の姿を残していると思われる。

荒尾火薬庫群 (11)
小型火薬庫

荒尾火薬庫群 (12)
大型火薬庫

荒尾火薬庫群 (13)
小型火薬庫 これは洞窟式ではなく、普通の家屋式である。

荒尾火薬庫群 (14)
正面から見る。

更に訪ねてはいないが、小型火薬庫大型火薬庫が残っている(らしい)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR