別府海軍病院

別府市国立にある別府医療センターの前身は、別府海軍病院である。
別府医療センターの沿革を見ると、
大正14年 1月  亀川海軍病院として創設
昭和10年 4月  速見郡亀川町が別府市に編入されたため、別府海軍病院と名称変更
と書かれている。
小倉陸軍病院別府分院から遅れること14年、近くに大きな海軍基地の無い別府に海軍病院が建てられたのは湯治の効果が認められたからであろう。

別府海軍病院 (2)
JR亀川駅には、戦前の地図が展示されている。

別府海軍病院 (1)
海軍病院の記載もある。

別府海軍病院 (3)
海軍病院の写真もある。

別府海軍病院 (8)
門柱。詳細は不明だが当時の物ではないかと感じる。
上記写真の門柱よりは低いが、形状は似ていると思う。
ただ、背景の状態から正門の場所とは違うので裏門であろうか?

別府海軍病院 (9)
もう一方の門柱。

別府海軍病院 (10)
上部には御影石が使われている。これも、当時の物だと推測する理由である。

別府海軍病院 (12)
更にその近くには、通用門と思われる門柱がある。

別府海軍病院 (11)
門柱のアップ。

別府海軍病院 (5)
駐車場の一角にある建物。もしや?と思って確認すると、

別府海軍病院 (6)
表札に、財第118号 爆発性及引火性物品○○(納所)? 昭和6年11月と書かれていた。

別府海軍病院 (4)
奥行はあまりない。

別府海軍病院 (7)
これも、当時の物だと思うが、詳細不明

別府海軍病院 (13)
石碑。風化しているのと、学が無いのと、立ち止まっていたら蚊に刺されまくるのでゆっくり見れなかったが、伏見の宮殿下が関係している様であり、昭和5年3月建立

別府海軍病院 (16)
病院の敷地内にある職員専用駐車場は石造りの塀で囲まれており、門柱がある。
病院長官舎の門柱と塀ではないかと推測する。

別府海軍病院 (17)
内側から見る。

別府海軍病院 (18)
木戸だったのだろう、金具がそのまま残っている。

別府海軍病院 (14)
もう1つある門

別府海軍病院 (15)
草に覆われて見難いが、同じ形である。

爆発物及引火性物品納所の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

爆発「性」ですよ

Re: No title

御指摘ありがとうございます。訂正しました。
今後とも御指導よろしくお願いいたします。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とナマコ酢と、焼き魚(特に、タチウオ、エボダイ、ニシン)をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める、正統派の変人です。


紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR