悲報 料亭「小松」火災

神奈川県横須賀にある料亭「小松」で火災が発生した。
詳細は不明だが、ニュース映像を見る限り、ほぼ全焼と言ってよいだろう。
小松は明治18年8月、横須賀田戸の海岸沿いに開業した。日清戦争、日露戦争に勝利し、横須賀鎮守府の機能が拡大していく中で、海軍軍人相手の海軍料亭になっていった。小松を利用する海軍軍人たちは、小松の松にちなんでパインと呼ぶようになった。
第二次世界大戦時には、第四艦隊司令長官の井上成美の要請により、昭和17年から昭和19年にかけて、トラック諸島に支店が開設された。
横須賀市内に多数存在した海軍ゆかりの料亭の中で唯一営業を継続しており、大正、昭和初期の近代和風建築を今に伝えるとともに、東郷平八郎、山本五十六、米内光政らの書など、多くの日本海軍関係の資料を保有していて、料亭小松は近代日本海軍の歴史を伝える重要な存在となっている。
今回、火災にあったのは昭和8年~9年に建てられた新館と言われる建物で、横須賀鎮守府長官ら海軍高官が多く利用し、旧日本海軍の資料等が展示されている。(Wikipediaより抜粋)

料亭 小松 (3)
今回、火災にあった料亭「小松」新館

料亭 小松 (1)
大きくて全体を撮るのは難しい。

料亭 小松 (2)
もう、この建物を見ることは出来ない・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR