陸軍技術本部伊良湖試験場 その1 福江観測所 

明治34年、渥美半島の先端に、通称「伊良湖射場」、正式には「陸軍技術研究所伊良湖試験場」が作られた。
伊良湖射場は、陸軍の火砲の実射試験場として大砲や弾薬の実験や研究、検査が行われ、陸軍の大砲や弾薬のほとんどが、ここで審査を受けた。(田原の文化財ガイドV:渥美半島の戦争遺跡から抜粋)
これらの施設は現在も数多く残っている。
今回、最初に訪れたのが福江観測所であるので、ここから紹介していく。

福江観測所 (1)
観測所のすぐ近くにある、給水塔と思われるコンクリート建造物。当時の物ではないと思われるが、目印になるので載せておく。

福江観測所 (2)
観測所 冬場は道からも見えるので見落とすことはないだろう。

福江観測所 (3)
状態は、まずまずである。

福江観測所 (4)
記録室?と、屋上に観測場?がある。
土地勘がないのと、この時はそこまで気が回らなかったので、射場(射線)がどの方向にあるのか不明・・・

福江観測所 (5)
内部の様子

福江観測所 (6)
奥から入り口を見る。

福江観測所 (7)
屋上部分 ここから観測していたと推測する。

福江観測所 (8)
近くにある境界石。コンクリート製で「陸」と書かれている。

福江観測所 (9)
この窓のある方が正面かも?(毎度毎度、いい加減です・・・)

福江観測所 (10)
反対側面

陸軍技術本部伊良湖試験場福江観測所の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。
最近は暇があれば、YouTubeで河合奈保子の動画を観ています。奈保子ちゃん本当に可愛いです!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR