歩兵第20連隊 その2

現在、福知山駐屯地では将校集会所を垣将集館と名付け、史料館として使用している。
この建物は、歩兵20聯隊が大阪から移駐するに際し 明治31年に建築された。外観は往事の原形のままで、明治洋風木造建築の偉観をとどめており、外壁は土瓦を下地とし、その上に石灰砂・にがりを混ぜたモルタル塗りの耐火構造になっている。(陸上自衛隊福知山駐屯地ホームページから抜粋)

変換 ~ 福知山将校集会所将校集会所の正面

変換 ~ 福知山将校集会所 (9)
入口のアップ  これがオリジナルだとしたら、実にシンプルな造りである。

変換 ~ 福知山将校集会所 (2)裏庭から見る。

変換 ~ 福知山将校集会所 (8)門柱から集会所に向かう途中にある境界石
多くの境界石は正方形柱だが、これは長方形柱で先が尖っている。
この形は記憶にない。

変換 ~ 福知山将校集会所 (6)
何故か見易い方に、裏面の明治33年1月の文字が

変換 ~ 福知山将校集会所 (4)
反対面には、陸軍省所轄地と彫られている様だが、下の方は埋まってしまっている。

変換 ~ 福知山将校集会所 (5)さらに、集会所の裏手には石柱が放置されている。

変換 ~ 福知山将校集会所 (3)陸境●と彫られている様だが、判別できなかった。

変換 ~ 福知山将校集会所 (7)
一つだけ建てられている境界石  最初は移設展示されているのかと思ったが、
史料館の配置図ではここが本当の境界だったのかもしれない。
右奥に見えるのが将校集会所                                   つづく

歩兵第20連隊将校集会所の位置はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR