歩兵第20連隊 その1

京都府北中部に位置する福知山市は、明治31年に歩兵第20連隊の衛戍地となった。以後、終戦までこの地に駐屯する事となり、戦後、陸上自衛隊第7普通科連隊の駐屯地となっている。
福知山には2度訪れたが、初回は大雨、2度目は曇天から大雨と相性が悪い様だ。

福知山 (4)福知山駐屯地に向かう坂道。

福知山 (9)この坂道は旧軍時代から極楽坂と呼ばれている様だ。
当時、出る時は極楽でも、帰る時は地獄でなかったのだろうか?

福知山 (3)
自衛隊駐屯地前にある、歩兵第20連隊之跡の碑

福知山駐屯地内には歩兵第20連隊及び、後に新設された歩兵第120連隊の営門が移設保存されている。
奥に見えるのは、将校集会所。

変換 ~ IMG_1454
門柱の手前には立哨小屋も保存されている。 

輜重兵16連隊 (4)
同じ京都府の伏見に残る、輜重兵第16連隊の物とほぼ同じである。 

つづく

陸上自衛隊福知山駐屯地正門はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR