陸軍遠江射場 その2

さて、トンネル付近には高射砲座が残っている。
ただ、砲の形式については不明。

遠江射場その2 (1)
南の砲座、一番大きい。

遠江射場その2 (2)
アップで見る。

遠江射場その2 (3)
真ん中の砲座、これは、南の砲座に比べるとやや小さい。

遠江射場その2 (4)
砲座の形がよく判るだろう。

遠江射場その2 (5)
北側の砲座、これが一番小さい。
トンネルに行き着ければ、これらの砲座を見逃すことはないだろう。

遠江射場その2 (6)
砲座の道を挟んで向かいには、発射指令所兼被害所がある。

遠江射場その2 (7)
向かって右の監視窓

遠江射場その2 (8)
こちらは左の監視窓

遠江射場その2 (9)
さらに北には、発射指令所/避害所/送信所/着弾観測所と言われる遺構が残っている。

遠江射場その2 (10)
同好の士が数多く訪れているのか?草が踏み固まれ、道が出来ている。

遠江射場その2 (11)
向かって左側に監視窓がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR