三方原教導飛行団の門柱

防衛省東三方宿舎の門は、三方原教導飛行団の門柱だと言われている。

三方原教導飛行団とは、昭和19年6月、戦局の悪化に伴い日本本土での戦闘に対処するため、航空関係軍学校の軍隊化が図られ各陸軍飛行学校は教導飛行師団に改編された。これにより、浜松陸軍飛行学校は閉鎖となり浜松教導飛行師団および三方原教導飛行団になった。(Wikipediaより抜粋)
とあり、主に科学戦の研究をしていたとも言われているが、詳細は不明。
化学兵器(毒ガス)の保有、訓練をしていた事を国際法違反の様に言う人がいるが、大正14年に作成されたジュネーヴ議定書は、化学兵器、生物兵器の使用を禁じる物であって、生産、保有は禁じられていなく、また、日本は批准していないため、使用しても法的には問題ないらしい・・・

三方原教導飛行団門柱 (2)
門柱の全景。門柱間の幅が広い事から、通用口内側の門柱を撤去した可能性もある。

三方原教導飛行団門柱
向かって左の門柱。表札を掛けるフックはあるが、ヒンジは無い。

三方原教導飛行団門柱 (3)
向かって右の門柱。こちらもヒンジは残ってない。

三方原教導飛行団門柱 (4)
敷地内に何かの基礎があるのが、道路から見える。

三方原教導飛行団門柱 (5)
ボルトが残る。

三方原教導飛行団門柱の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR