野戦重砲兵第3連隊門柱

野戦重砲兵第2連隊門柱の向かいには野戦重砲兵第3連隊の門柱がある。
野戦重砲兵第3連隊は、第2連隊が移転してきた1年後の大正9年に、和歌山県の深山から移転してきた。

野戦重砲兵連隊は第一次世界大戦休戦後の大正7年の改編で、重砲兵から独立した。

変換 ~ 野戦重砲兵第3連隊門柱 (19)
野戦重砲兵第2連隊門柱に比べて、路面や付近がが整備されているため残念ながら趣がない。

変換 ~ 野戦重砲兵第三連隊 (1)野戦重砲兵第3連隊当時の姿 (写真提供:tiger氏)

変換 ~ 野戦重砲兵第3連隊門柱 (16)
当時の絵葉書を見ると、門柱、立哨小屋の位置は当時と変わっていない様だ。

変換 ~ 野戦重砲兵第3連隊門柱 (7)
門柱には表札が掛けてあったフックと

変換 ~ 野戦重砲兵第3連隊門柱 (8)
電燈が取り付けられていたボルトが残っている。

変換 ~ 野戦重砲兵第3連隊門柱 (15)
立哨小屋は野戦重砲兵第2連隊の物と同型である。

変換 ~ 三島 068
野戦重砲兵第2連隊と第3連隊の間にある、いちょう並木。陸軍が駐屯している時に作られたものらしい。

野戦重砲兵第3連隊門柱の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR