広島陸軍幼年学校門柱

広島城の北東方には広島陸軍幼年学校の門柱が残っている。
陸軍幼年学校とは、陸軍の将校を育成するため、現在の中学生くらいから軍人としての教育をする機関であり、明治3年に大阪兵学寮幼年学舎としたことに始まり、明治8年には、幼年学校も兵学寮より分離独立、陸軍幼年学校と改称された。明治10年、陸軍士官学校に組み入れられ一時消滅したが、明治20年、陸軍幼年学校は再度設立され、明治29年には、東京(中央)、仙台、名古屋、大阪、広島、熊本に創設されている。
しかし、ワシントン海軍軍縮条約に代表される世界的軍縮傾向のなか、大正14年、東京以外の幼年学校は廃止された。
(付近にある説明には、昭和3年廃校と書かれている。)
その後は、昭和10年に日本が国際連盟から正式脱退すると、翌昭和11年に、再び広島幼年学校が復活した。( Wikipediaから抜粋)
原爆により、広島幼年学校も壊滅し、現在は門柱を残すのみである。
広島陸軍幼年学校の生活風景など、当時の写真はこちらのサイトに詳しく紹介されている。

広島幼年学校 (3)
門柱の全景。移設された物だと思うのだが・・・

広島幼年学校 (2)
反対側から見る。

広島幼年学校
この表札は当時の物なのか?

広島陸軍幼年学校門柱の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR