高射砲第3連隊門柱

加古川市野口町にあるハリマ化成加古川製作所の敷地は、高射砲第3連隊跡地である。
さてこの高射砲第3連隊であるが、あまり詳しい資料が見当たらない。(探せないだけであるが・・・)
いつも参考にしている「日本陸軍兵科連隊」(新人物往来社)にも、詳しい記述は無いが、抜粋すると
高射砲第3連隊 編成地 大津 編成時期 昭和10年3月25日 廃止時 加古川 昭和16年7月7日 高射砲第3連隊補充隊に改称、改編
大阪防空隊高射砲第1連隊 編成地 加古川 編成時期 昭和16年7月16日
となっている一方
昭和15年平時編成は次のとおり、(高射砲連隊の)衛戍地は第4、加古川とも書かれている。 
尚、昭和19年に航空通信学校加古川教育隊となっているようである。
現在は、正門の門柱と通用門?(南門、北門?)の門柱と、陸軍時代の物と言われる建物が残るが、建物に至っては詳細不明であるが、昭和17年4月に火災でほとんどの建物を焼失している様であり、それ以降の建物である可能性が高い。(こちらを参照しました。)

高射砲3連隊門柱 (3)
正門の全景 両側に袖門がある。

高射砲3連隊門柱 (6)
向かって右の門柱

高射砲3連隊門柱 (5)
左側の門柱 袖門の形が違う。

高射砲3連隊門柱
門柱のアップ

高射砲3連隊門柱 (2)
製作所の南にも門柱があるが、こちらには袖門はない。

高射砲3連隊門柱 (7)
門柱のアップ  正門の上部には3本の縦筋があるが、こちらは2本である。

高射砲3連隊門柱 (4)
さらに北側にも通用門と思われる門柱があったが、現在は消滅した可能性がある。(平成20年撮影)

高射砲第3連隊門柱の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR