田戸演習砲台

横須賀市内には、田戸演習砲台の物と思われる遺構が残っている。

「三浦半島城郭史(下)」(赤星直忠著)によると
田戸演習砲台は横須賀重砲兵連隊の演習砲台であり、出来た時の名称は深田演習砲台だった。

28cm榴弾砲×8の備砲を有していたが、関東大震災で破損。その後、旧田戸演習砲台の24cmカノン砲×4を移設し、田戸演習砲台と改称した。

新田戸演習砲台 (6)
片方だけ残る門柱

新田戸演習砲台 (7)
個人宅の敷地内には測遠器台が残る。

新田戸演習砲台 (5)
付近に残る、田戸演習砲台の物と思われる境界石。

住宅地のため場所は記載しない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

測遠器台も残っていたのですね!
これは知りませんでした。

〉榴弾砲さん
もしかしたら、まだまだ有るかも知れませんが住宅街なので、なかなか詳しくは探せません。

No title

住宅の敷地内にもあるんですかぁ・・・
驚きです。

測遠器台は丁度住人の方がいたので写真を撮らせてもらえました。
住宅街は気を付けないと不審者で通報されそうです。

No title

たしかにカメラを持って住宅街を歩くだけでも不審ですものね・・・
難しいですね。

〉バンデラさん
しかも、他人の家を覗いているのだから、完全に犯罪者ですよ!

No title

家主さんが快く許していただけたら良いんですけどね・・・

〉バンデラさん
私は今までそんなに嫌な思いはしてませんが、こればっかりは運ですね!

行って来ました

残念ながら測遠器台が発見出来ませんでした。
門柱の手前にあった青いトタンの扉で施錠された壁面の穴は関係施設でしょうか?
他にコンクリートの井戸、六角形の台座状のもの、ブログの石柱から少し下った所に、めり込んだ石柱等を発見しました。
他にも有りそうですね?

Re:行って来ました

>yakumoさん
まだ探せばあるのでしょうが、住宅街なので変質者に間違えられたりしそうで、余り詳しくは探索できません。
トラブルは起こしたくないですし、やはり、他人の目は気になりますね!
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR