青森(幸畑)陸軍墓地 その2

八甲田山雪中行軍遭難資料館の後ろには、八甲田山雪中行軍遭難者の墓地がある。
遺骨は遺族に渡されているので、墓石はあるが遺骨は納められてない。
この墓地であるが、「戦争でなく、無謀な訓練で息子を殺された」と遺族が憤慨し、国が墓苑を作らないと遺族が納得しない状況だったようである。

幸畑陸軍墓地案内図
幸畑(青森)陸軍墓地の案内図。私の拙い説明よりも、図のほうが御理解いただけるだろう。

青森陸軍墓地その2 (9)
凍死軍人英霊碑 斎藤實 東郷平八郎書 昭和3年10月建立

青森陸軍墓地その2 (11)
明治天皇御製 昭憲皇太后御歌碑 一戸兵衛書 昭和5年8月建立

青森陸軍墓地その2 (7)
将校の個人墓 10名の将校が遭難死した。

青森陸軍墓地その2 (6)
生存者合同墓碑 幸いにして生還出来たが、無傷の者はほとんどなく、その後は大変な苦労をした。その生存者も亡くなり、遭難者と同じ墓地に墓碑を作ろうと、昭和37年に建立された。

青森陸軍墓地その2 (2)
大隊長山口少佐の個人墓 映画では拳銃自殺した様になってるが、実際は責任を取らされて薬殺、または責任を取るために軍医に頼んで薬殺してもらったとの説が有力である。

青森陸軍墓地その2 (4)
中隊長神成大尉の個人墓 映画では、主人公として描かれていた。

青森陸軍墓地その2 (10)
下士卒の個人墓 入口から見て左右に墓石が並んでおり、向かって左に95名の、右には94名の墓石が並んでいる。

青森陸軍墓地その2 (5)
兵卒の個人墓

青森陸軍墓地その2
他の陸軍墓地との違いは、この墓石は明治35年2月1日死亡となっているが、

青森陸軍墓地その2 (3)
こちらは明治35年3月3日死体発見と書かれている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR