青森(幸畑)陸軍墓地 その1

青森市幸畑(こうばた)には、陸軍墓地があり今も墓石が残っている。
青森(幸畑)陸軍墓地を語るには、やはり八甲田雪中行軍遭難事件を避ける事は出来ないだろう。
八甲田雪中行軍遭難事件とは、日露開戦が確実となった明治35年1月、歩兵第5連隊の将兵が雪中行軍訓練中、210人中199人が死亡した遭難事件である。
これは日露開戦後、優勢なるロシア艦隊が津軽海峡を封鎖、さらに青森湾に侵攻し主要道路や鉄道を艦砲射撃で破壊し、八戸付近から上陸部隊が侵攻する事が予想された。そうなると最短コースで駆けつけるには、八甲田山系を踏破するしかなく、特に冬場の八甲田山系の経験は無く、踏破が出来るか検証する必要があった。また、ロシアに侵攻した際、極寒地での行軍等の研究の必要もあり、弘前にある第8師団では隷下の歩兵第5連隊、第31連隊に雪中行軍訓練を命じたが、訓練当日、記録的な大寒波により第5連隊の将兵が遭難した事件である。
詳しくは、HP八甲田山雪中行軍遭難悲話さんに詳しく記述されているので、こちらを参考にしていただきたい。
(HPを見る前に、映画「八甲田山」を観るか、小説「八甲田山死の彷徨」を先に読めば、より理解できると思う。)
青森(幸畑)陸軍墓地には、八甲田山雪中行軍遭難資料館が建てられており、観光名所となっている。

青森陸軍墓地その1
墓地入口にある「青森陸軍墓地入口」の石柱

青森陸軍墓地その1 (2)
石柱の裏面 昭和13年には青森陸軍墓地と言われていた様だ。

青森陸軍墓地その1 (3)
向かいにある「陸軍用地」の境界石。右上に二と書かれている。移設した物だとすぐに判るだろう。

青森陸軍墓地その1 (4)
墓地入口からまっすぐ進むと、雪中行軍遭難者の墓地入口がある。

青森陸軍墓地その1 (5)
入口左にある境界石 こちらは六、オリジナルの位置なのか移設されたのか判断できず・・・

青森陸軍墓地その1 (7)
雪中行軍遭難者の墓地入口向かって右方向の土堤にある、境界石。これは五と書かれている。どう見てもオリジナル!

青森陸軍墓地その1 (8)
雪中行軍遭難者墓地周りの土堤

青森陸軍墓地その1 (10)
雪中行軍遭難者墓地の東端にある境界石。この位置にあるのだから、オリジナル位置だろう!

青森陸軍墓地その1 (9)
アップ 右上に十と書かれている。

青森陸軍墓地その1 (11)
多行松 ここの陸軍墓地が出来た時に植栽された。根元に近いところから分かれているのが特徴。

青森陸軍墓地その1 (13)
南端にも境界石が残る。

青森陸軍墓地その1 (12)
アップで見ると、三八と書かれている。三八・・・?いきなり三八ですか?
場所的にはオリジナルだと思うのだが・・・

この後、八甲田山雪中行軍遭難資料館を見学した際、ボランティアで説明をしてくれる方に質問したところ、「当時の敷地はもっと広かった。今残っている境界石は他所にあった物を今の場所に埋めなおした。」との事!!!
久々に、膝がカクッとなりました・・・

青森(幸畑)陸軍墓地の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR