建部山堡塁 その4

建部山堡塁は右翼、中央、左翼と3つの砲側庫があり、その間に2門用砲座が2つある。

建部山堡塁その4
掩蔽部の右端には、砲座に向かう階段がある。

建部山堡塁その4 (3)
掩蔽の土堤を越えると、半地下式の右翼砲側庫が見える。

建部山堡塁その4 (5)
砲側庫の内部を見る。造りから、弾火薬庫と推測するが、いかがだろうか?

建部山堡塁その4 (7)
内部は半円筒形ではなく、奥が丸くなっている。

建部山堡塁その4 (9)
右翼砲側庫を、砲座側から見る。

建部山堡塁その4 (2)
砲座。1つの砲座に2門の12cmカノン砲が備砲された。

建部山堡塁その4 (10)
砲座の後方はスロープになっていて、わずかに覗くコンクリートには滑り止めがある。

建部山堡塁その4 (4)
真ん中の砲側庫

建部山堡塁その4 (11)
左翼砲座

建部山堡塁その4 (12)
反対側を見る。見ての通り状態は良くない。

建部山堡塁その4 (6)
さて、砲座には固定用のボルトが残っている。しかし、12cmカノン砲は固定式ではなく、装輪式の可動砲である。これは戦争末期に造られた高射砲の砲床ではないだろうか?

建部山堡塁その4 (8)
左翼砲側庫 この先に射垜に向かう階段がある。有事の際は、こちらから大砲を移動させてきたのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

4枚目の写真は、男良谷砲台(深山第三砲台)でも見かけましたが、何故丸いのでしょうね?

Re: No title

>yakumoさん
何故なんでしょう?レンガ造りの掩蔽には無いのですが、コンクリ造りの砲側庫で見られますよね?
砲弾が暴発しても力が地面に向かう様な設計なのでしょうか?
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR