金岬砲台 その4

金岬砲台 その4 (6)
観測所のある掩蔽から奥に進むと、左手には貯水槽がある。

金岬砲台 その4 (7)
右手には砲座があり、砲座の前には階段がある。(砲座の写真は右から2番目の砲座)

金岬砲台 その4 (2)
砲座の様子。21cmカノン砲座であり、1砲座に1門が備えられていた。

金岬砲台 その4 (5)
砲座の詳細。石作りで墻部の状態は悪くない。

金岬砲台 その4 (4)
即用弾置場のアップ。

金岬砲台 その4 (3)
砲床のアップ。旋条が確認できる。

金岬砲台 その4 (9)
砲座間には砲側庫と思われる半地下式の掩蔽部がある。

金岬砲台 その4
掩蔽の前には揚弾用と思われる突起物がある。

金岬砲台 その4 (8)
砲座は4つ有るようだが、奥の2つは藪が凄くて確認できなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

崩落軍道改修もしかり、どなたがが手を入れてくれた気配を感じます。
砲座井の基礎コンクリート(中に入っていた金属を回収?)部分なども、はっきり確認できたのは幸いです。過去に尋ねた時にはゴミや落ち葉だらけで、砲座井はこれほど分かりませんでした。
砲台の形状は広島湾要塞の鶴原山と酷似していますね。

Re: No title

>トッポ作さん
私は初めて訪れたので、こんな物か!と思っていたのですが、篤志家が整備していてくれたのですね。
砲座がレンガでなく、石造りなのはたまに見ますが、どこの砲台だったか、思い出せません・・・
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR