舞鶴海軍軍需部第一需品庫

舞鶴海軍軍需部需品倉庫7号棟と平行に、舞鶴海軍軍需部第一需品庫が建てられている。
舞鶴海軍軍需部第一需品庫は大正8年の竣工である。

舞鶴海軍軍需部第一需品庫(4)
国道27号線に沿って建っている倉庫群は、概ね東西に建っているので、午前と午後では写真写りも変わってくる。
これは、午前中に東側から撮った写真。

舞鶴海軍軍需部第一需品庫 (3)
現在も海上自衛隊の倉庫として使われており、周りは塀で囲まれているために、撮影ポイントは限られる。これは、午後に撮った写真。

舞鶴海軍軍需部第一需品庫 (2)
現用倉庫であるために改装されているが、外観は大きく変わってはいないだろう。西側を午後に撮った写真。

舞鶴海軍軍需部第一需品庫
さて、今まで紹介してきたレンガ倉庫は明治期に建てられたものだが、この倉庫は大正中期に建てられている。
明治期の倉庫に比べ、形状の違いが一目で判る。

舞鶴海軍軍需部第一需品庫の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR