歩兵第1連隊門柱

さらに敷地内には、歩兵第1連隊の門柱と立哨小屋が移設されている。
歩兵第1連隊は明治6年5月に創設され、翌明治7年12月軍旗が親授された。
連隊は明治10年の西南戦争を皮切りに、日清戦争では旅順攻略戦に参加後、各地を転戦し明治28年5月に凱旋する。
日露戦争では金州、南山の戦闘に参加後、旅順攻略戦に参加、翌明治38年3月には奉天会戦に参加する。
大正12年9月に発生した関東大震災では治安維持、救護にあたる。
昭和11年2月に発生した2・26事件には一部の将兵が関与した。
同年5月には満州派遣され、翌年7月に勃発した日中戦争では、万里の長城線を越えて大同まで進出した。
同年10月からはソ満国境警備にあたり、翌13年には孫呉に移り対ソ戦に備える。
昭和14年に勃発したノモンハン事件に参加後は、孫呉に留まり、太平洋戦争末期の昭和19年8月に同地を出発、11月にレイテ島オルモックに上陸、圧倒的に優勢なる米軍と遭遇し過半数の死傷者を出す。
その後は、セブ島への転進命令を受けるも、セブ島にたどり着いたのは連隊長以下72名のみで、終戦時の生存者は39名だけであった。(ノーベル書房、「わが聯隊」から抜粋)

歩1門柱 (2)
歩兵第1連隊の兵営は現在、東京ミッドタウンになっている。元々、毛利藩の屋敷跡に明治6年、兵営が置かれた。
関東大震災では連隊本部などが被害を受け、昭和4年8月に連隊本部とこの営門が建てられた。

歩1門柱 (4)
反対側から見る。昭和初期の建築だからか、軍の施設とは思えない斬新的な造りである。

歩1門柱 (3)
裏側を見る。

歩1門柱
立哨小屋 連隊本部や門柱と同じデザインで、おそらく同じ物は全国を探してもここだけだろう。

さて、この門柱であるが、防衛省の行っている施設見学(市ヶ谷台ツアー)で見る事が出来るが。午前と午後では見学コースが違い、午前のコースでしか見学できないので、申し込む際はご注意を。

市ヶ谷台ツアーの詳細はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。
最近は暇があれば、YouTubeで河合奈保子の動画を観ています。奈保子ちゃん本当に可愛いです!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR