小倉陸軍墓地その2

小倉忠霊塔2忠霊塔の入口。ここは平和公園と言われているようだ。

小倉忠霊塔2 (5)公園内の階段を登ると

小倉忠霊塔2 (7)忠霊塔がある。昭和17年3月建立

小倉忠霊塔2 (3)こちらの手水台は、昭和17年7月建立である。

小倉忠霊塔2 (9)
忠霊塔のアップ。この忠霊塔は、佐賀の乱以降、各戦役、事変の戦没者並びに公務死亡者を合祀している。

小倉忠霊塔2 (11)さらにこちらには、当時の物と思われる手水台(線香台?)がありこの奥には階段がある。ここにあるものは、旧陸軍墓地から移設されたものだろう。

小倉忠霊塔2 (10)
奉献と書かれた石柱。詳細は不明だが、勅諭御下賜50周年記念と書かれているので、昭和7年に建てられたものだろう。

小倉忠霊塔2 (2)さらに奥には、満州上海事変戦病死者合同碑と、個人墓2基がある。

小倉忠霊塔2 (4)満州上海事変戦病死者合同碑

小倉忠霊塔2 (6)
向かって右にある墓石。(以下は説明板から抜粋)
陸軍歩兵2等卒 渡久地 政正墓 歩兵第14連隊第8中隊 明治44年2月17日死と書かれている。
名前から沖縄の人だろうか?なぜ、この人の墓石が残っているのかは不明。

小倉忠霊塔2 (8)
さらに左は、露国ザバイカル○○コザックチルチェンスキー第1連隊 陸軍歩兵卒 ホ○○ースワシリー之墓がある。
日露戦争の捕虜の物と思われる。
なお、同様の物が南小倉の普門寺にもあるようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

今日のFC2ブログランキング見て訪問しました。
”お隣さんなのでご挨拶よろしくお願いします”

違うジャンルのブログ拝見するきっかけにしてます、
五月くらいから続けているのですが、楽しみの一つ
になりました。

Re: こんにちは

こんばんは。以前もご挨拶下さいましたね!
いつもありがとうございます。

久方ぶりの

 こんばんは~
日付が変わり、昨日のことになりますが、お世話になっているトッポ作さんから
情報をいただき、昼から、男良谷砲台の電照灯のトンネルと、大川山堡塁を
見てきました。
 高森山堡塁にも行ってみたいと考えていますが、位置はご存じですか?
高森山頂上には、ないようなので、その尾根沿いのどこかか、または大川山
から続く尾根沿いにあるか不明です。取りつく軍道があると思うのですが、
古地図などはないのでしょうか。
 久々の戦跡めぐりで、野山を歩きましたので、何だか元気が出ました。
もちろん、下山後には温泉に入って汗を流してから帰りました。温度が低い
のでそのままだと風邪をひいてしまうことがありましたので。
 毎年なぜか、6月の蒸し暑く、藪が多いときに戦跡めぐりをしていましたが、
この冬の時期は、雪がなければ、藪も少なく、比較的遺構も確認しやすい
ものだと思い直しました。正月の休みを利用して、どこか戦跡を重点的に
まわってみたいものです。いつか小笠原諸島には行ってみたいと考えて
いますが・・・。

Re: 久方ぶりの

> さすプーさん
ご無沙汰しております。
加太に行かれましたか!
あの付近は、砲台や堡塁がたくさんありますので、私も何度も足を運んでいます。
さて、ご質問の高森山堡塁ですが、私も探したのですが、見付けられませんでした…
「日本築城史」には、山頂付近にあると記載されてますが、最近の調査では軍道は一部、作られたけど堡塁自体は建造中止になったと報告されています。
仰られているように、堡塁への軍道も有りませんし、多くの人が探しているのに見付からないのは、やはり無いのだと思います。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR