大津島回天基地 その3

回天発射場(元々は魚雷発射場)と整備場はトンネルで繋がっていて、トロッコに載せて移動させていた。

大津島その3トンネルの入り口

大津島その3 (3)内部の様子。トロッコのレールを埋めた跡が判る。

大津島その3 (7)途中に出入り口があり、戦争末期は対空指揮所になっていた様だ。

大津島その3 (5)ここから見た、発射場

大津島その3 (6)トンネル内には一部広くなっている場所があり、ここでトロッコをすれ違わせた。

大津島その3 (8)ここには当時の写真が展示してある。

大津島その3 (9)トンネルの出口

大津島その3 (10)トンネル出口から見た発射場

大津島その3 (4)発射場のアップ。

大津島その3 (2)正面から見る。

大津島その3 (12)以前は、中央にあるこの穴から酸素魚雷を海面に降ろしていたが、酸素魚雷を改造した回天は、ここからは降ろせず、別のクレーンを使って海面に降ろした。

大津島その3 (11)クレーンは残っていないが、基礎が残っている。

多くの若者がこの地で訓練し、ここから出撃、祖国のために命を捧げたことを忘れてはならない。

遥かなる 都の方を仰ぎ見て 堅く誓はん必殺の雷

海軍中尉(戦死後、少佐)勝山 淳 
多聞隊員として、昭和20年7月16日、伊号第53潜水艦で大津島を出撃
昭和20年7月24日沖縄にて駆逐艦に突入 享年20歳
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR