大神回天基地 その1

前回は、大津島の回天基地を紹介したが、全国に回天訓練基地は大津島のほかに3ヶ所作られており、光基地、平生基地は山口県に、大神(おおが)基地は大分県に作られた。
私事ではあるが、伯父(母の兄)は、予科練として海軍に入隊し、回天要員として光基地で終戦を迎えている。

今回は大分県速見郡日出町に作られた、大神基地を紹介する。
酸素魚雷の試験場を流用した大津基地や、海軍工廠の工員養成所を利用した光基地、大竹潜水学校柳井分校を利用した平生基地とは異なり、大神基地は昭和19年2月に基地建設を開始し、1年以上を費やし昭和20年4月25日に開隊した。(現在、審議中)
訓練生は、ここで基礎訓練を受けた後、海面の特性から狭水道通過訓練が出来ないため、大津島に最終訓練に出向いた。(参考文書:人間魚雷 回天 ザメディアジョン発行)
潜水艦に搭載されて出撃した回天特別攻撃隊の出撃地には、ほかの3基地の名前があるのに、大神基地が見当たらないのは、そのためだろうか?
基地の跡には回天神社が作られており、付近には数多くの遺構が残るが、交通の便は極めて悪い。
また、いつも使用しているYahoo地図でも、詳細には表示されないので、最初に案内板を紹介する。

案内図案内図 (2)これを参考にしてもらいたい。

大神その1 (2)まずは、回天神社付近であるが、いくつかの壕が残っている。

大神その1上記写真、右端の壕。詳細不明。

大神その1 (3)奥に見える壕。

大神その1 (4)酸素圧縮ポンプ壕

大神その1 (5)中には圧縮ポンプの台と思われるものが残っている。

大神その1 (6)さらに細くなって奥に続いている。

大神その1 (7)入口方向をみる。

大神回天基地の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

四国巡礼の旅

 こんばんは~回天基地、大津島では感慨深いものがありました。
日出の方はまだ未踏です。宇佐や鶴御崎には行きました。
 先週のことになりますが、両親の付き添いで四国霊場88箇所
めぐりに運転手としてついて行きました。
今回は香川県だったのですが、観音寺市の「雲辺寺」を通ると
見覚えのある監的壕が道端にありましたので、つい注視して
しまいました。ほかに2つ現存するようですが、時間の関係で
行けませんでしたが、ご存知でしたか?
 善通寺市では、合間に乃木館と市役所横のカフェとつながっている
館と2つ見学しました。
もちろん、昼食は2回とも讃岐うどんでした。
丸亀城にも寄ると、大手門前の神社に門柱がありました。

Re: 四国巡礼の旅

>さすプーさん
雲辺寺の監的壕は、あることは知ってますが行ったことはありません。
行きたかったのですが・・・
香川県は、善通寺には何度も行っているのですが、公開出来ているのは一部です。
丸亀は公開しているので、カテゴリー「香川県」からご覧ください。
後、詫間空関連の遺構も訪ねています。
讃岐うどんは、本当に美味しいですね!
私も、香川に行けば、ずっとうどんを食べてます。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR