伊島防備衛所

徳島県阿南市の伊島は、紀伊水道の入口にあり、大正12年の要塞整理の際には、30cmカノン砲2門の砲塔砲台1基を作る計画が浮上したが、取り止めとなっている。また、昭和14年頃から、海軍の防備衛所が置かれたようである。今回の伊島訪問はこちらのHPを参考にさせていただいた。

さて、伊島への行き方であるが、かなり分かり難い。
徳島から各駅の汽車で(徳島県は全国で唯一、電車が走ってない)約1時間、阿波橘駅で下車する。

さて、余談ではあるが、この汽車の乗り方も少し違っているので紹介しよう。
朝、徳島から阿波橘に向かう時は、通勤通学時間という事もあり、2両編成で、徳島駅で切符買って乗車、阿波橘駅では開いたドアから下車するのは、どこの駅でも同じであるが、阿波橘駅には改札が無い。したがって、切符の回収はホームで車掌が行っているので、駅に着いたからと言ってホームでのんびりしていると、発車出来ないのでご注意を。
逆に、昼の時間帯に徳島方面に向かう時は、1両編成のワンマンカーであった。
先程も書いた様に、阿波橘駅には改札は無く、改札どころか券売機も無い。
ではどうするかと言えば、到着した汽車は、3つドアであっても一番前と一番後のドアしか開かなく、乗車は後ろのドアから、下車は前のドアから行う。乗車すると、整理券があるので、整理券をとる。運転手の後ろには料金箱と運賃表があるので、降りる時に整理券と運賃をそこに入れる、いわゆるバスと同じ方式である。(駅員のいる駅では、改札で清算する。)

阿波橘駅から、フェリー乗り場(答島港)へも、分かりにくい。人に聞こうにも誰もいない・・・
駅から歩いて10分程であるが、場所を把握してから行くようにしてもらいたい。
フェリーの時間であるが、日帰りで渡るには08:30と12:30しか無く、帰りの便は季節によって違うが、15時前後の1本しかない。(詳しくはこちら
また、島にはお店が漁協の売店しかなく、お弁当を持参した方が無難だろう。
今回の訪問時、愛用のデジカメ不調で、携帯カメラで撮りました。そのためにサイズがいつもと違っています。写真をクリックすると全体が見れます。

では、本題に入ろう。

伊島出航して右手に見える発電所のある島は、小勝島で震洋の基地があった様だが、詳細は不明。

伊島 (17)伊島の全景。戦争末期には防空機銃陣地もあったようだ。場所については、松林寺の裏山にあった様で、松林寺の前の階段を更に登ると、鐘楼と携帯電話のアンテナに行き着く。その右手に、細い道があるので、そこを登った所に祠があり、その先にあったらしいのだが、案内してくれた人も実際には見た事が無く、詳細は不明らしい。
付近まで行ったが、草がひどくて判らなかった。

伊島 (6)もう1つの遺構である兵舎への行き方は、灯台に向かう道を進むと、貯水池がある。

伊島 (7)さらにその先には池があり

伊島 (8)その先にも、貯水池があり、この貯水池を過ぎたらすぐに

伊島 (9)道の左に、コンクリート製の塀の様な物がある。

伊島 (2)その先には、兵舎または炊事場と思われるレンガ造りの遺構が残る。

伊島 (3)道なりに進むと、左にカーブしていて、そこには貯水槽がある。

伊島 (4)兵舎または炊事場と思われる遺構の、道を挟んで向かい側には発電所と言われる遺構が2棟残っている。写真左(正面から見て右)の小さい建物は油脂庫だろうか?

伊島 (15)油脂庫と思われる建物。

伊島 (5)油脂庫と並んで建つ、発電所と言われる建物。

伊島 (10)発電所を前方方向から見る。レンガをモルタルで覆っているのが判るだろう。
さて、この場所だが、夏場に訪ねた事もあり蚊がもの凄く多い。私の人生で一番蚊に刺された。歩いているだけで、周りは蚊だらけで、最近、加齢とともに聞こえなくなっていたモスキート音がずっと聞こえ続ける。
写真を撮るために停止すると、腕には数匹の蚊があっという間に止まる。そして、同時に3匹は蚊を叩ける。
とにかく、動きを止められない。ざっと数えただけで、20数か所刺されて、戦意喪失・・・

伊島 (11)建物の奥には、波線2本、海軍の境界石がある。

伊島 (12)
裏面には、第19号と書かれている。

伊島 (13)境界石と建物の位置関係が判るだろう。探せば、境界石はもっとあるかもしれない。

伊島 (14)境界石の近くには、半分埋まった壕がある。この他にもいくつかある様だ。

伊島 (16)
兵舎跡近く道路沿いには、いくつかの気になる道があったが、あまりの痒さにギブアップ状態で、この先に遺構があるかを確かめる気力は、もう残って無かった・・・

伊島行きフェリー乗り場はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

蚊の襲撃、大変でしたね。多分蚊取り線香や、蚊よけスプレーを使っていてもかなり刺されたのではないかと・・・。

たかが蚊と侮っていると、とんでもない病気になる危険性もあります。お気を付け下さい。

トッポ作は、加齢により、はるか昔から高周波音は聴こえなくなっています。その代わり左目は瞼を閉じても、蚊のようなものが飛び交っています(飛蚊症)。(笑)

いつも感心しながら読んでいますが、その行動力には頭が下がります。

Re: No title

> トッポ作さん
夏の山を舐めていた報いです!今、思い出しても、身の毛もよだつ体験でした…
交通の便が悪く、なかなか行く機会がないのですが、思いきって行ってきました。
次回は無いと思いますが、行くなら冬場にします。
ただ、何も無い島ですので、寒い時期は辛いかも知れません…
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR