大津島高角砲台3 砲座

指揮所から更に登ると、砲座がある。
この砲台は、12.7cm連装高角砲が3基と、13mm単装機銃が装備されていたらしいが、確認できるのは3つの砲座である。
砲座はコンクリート製で(フェリー待合所の人の話では、レンガで出来ているらしい)、状態は悪くない。また、今は通れないが、指揮所と各砲座は地下通路で通じているとの事である。

大津島砲座1つ目の砲座。かなり埋まってしまっているが、掘り起こせば、状態は悪くないだろう。

大津島砲座 (5)砲座へ降りる階段。他の砲座は立ち入り禁止の看板が有ったが、この砲座には無かった。
この砲座だけは大丈夫なのか?それとも、看板が無くなっているだけなのか?

大津島砲座 (7)これが地下通路の出入り口?

大津島砲座 (6)砲座への出入り口なのか?

大津島砲座 (3)砲床、冬場なら形状が確認できるかも?

大津島砲座 (2)2つ目の砲座

大津島砲座 (4)3つ目の砲座
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 高角砲砲座の形状が良くわかりますね。他地方では荒れ果てていて判別不能の砲台もあることを思うと良く残っていると思います。
 特に、中央部の砲座井の穴が残っているのは貴重ですね。ご指摘のように冬枯れの時期には詳細が分るかもしれませんね。
 地下道を経て指令所に繋がっている話は可能性として充分ありそうですね。たた、現地確認はちょっと躊躇します。空気の流動があればよいのですが、澱んでもいたりしたら酸欠てのは願い下げです。

Re: No title

> トッポ作さん
砲座の状態は良いですね! 
瀬戸内海のしまじまに残る砲台は、しっかり残っていたりしますが、行くのに苦労します…
まぁ、高角(高射)砲台は、どこも行くのが大変ですけど!
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR