徳島海軍航空基地

現在の徳島阿波おどり空港は、かつて徳島海軍航空基地であった。
徳島海軍航空基地は、昭和13年8月に用地買収が開始された。ただ、徳島の場合、この一帯は農地であったが塩害もあり農業が上手くいかず、軍の飛行場を誘致したため、用地買収は上手く行った。
昭和14年9月に起工し、昭和18年6月に竣工した。
翌年2月からは偵察員教育が実施されるが、昭和20年3月には特攻を主とした実戦部隊となり、多くの隊員が特攻へと旅立った。
今回訪ねた遺構は2つだが、これ以外にも物資保管壕がある様だ。
(春野 公麻呂氏著「四国の戦争遺跡ハイキング」を参照)

徳島空営外宿舎 士官及び兵舎に寝泊まりしない下士官用の宿舎。現在は個人宅になっている。

徳島空 (2)
丙九十号住宅 昭和17年10月19日の文字が読み取れる。

徳島空 (3)弾薬庫

徳島空 (4)別の角度から見る。
この弾薬庫を撮る場合は、道路から撮影し、敷地内には絶対に立ち入らない様にして下さい。

営外宿舎は個人宅である事、弾薬庫は過去に問題が生じたらしいので、場所は記載しない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR