徳島連隊跡地

徳島市蔵本町には徳島連隊の兵営が置かれていた。
四国には丸亀12連隊や、松山22連隊と歴史のある連隊や、第11師団新設により創設された、善通寺43連隊、高知44連隊があったが、徳島には郷土連隊が無く、県民の誘致により明治41年11月に、歩兵第62連隊が新兵営に移駐した。
しかし、歩兵第62連隊は、宇垣軍縮により廃止となり、新たに善通寺から歩兵第43連隊が移駐してきて、郷土連隊となった。
日中戦争では、上海方面での作戦に従事し、第11師団の満州駐劄に伴い、満州の警備任務に就く。
昭和19年3月、南方警備のために第3大隊を派出する。大隊は約4ヶ月後、グァムで玉砕する。
後に連隊主力が、四国防衛のために郷土に帰り、敵と戦火を交えることなく終戦を迎える事を思うと、運命の残酷さを感じる。
兵営跡地は現在、徳島大学医学部、徳島大学病院になっていて、遺構は皆無に近い。

徳島連隊碑元練兵場だった、JAバンク ちびっこ広場には、記念碑が残されている。

徳島連隊碑 (2)
歩兵連隊跡の碑

徳島連隊碑 (3)
馬魂碑 昭和11年11月建立 今回見つけた唯一の歩兵第43連隊遺構である。

徳島連隊碑 (4)
歩兵第143連隊之碑

徳島連隊碑 (5)
歩兵第235連隊 鯨部隊発祥之地の碑

徳島陸軍病院碑
さらに、陸軍病院跡地に残る、記念碑。

徳島連隊の碑があるのはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR