歩兵第21連隊 その2

今回は、浜田第一中学校と浜田高校敷地内に残っている、覆練兵場を紹介する。
(すべて、学校関係者の方に許可を得て、立ち会いのもと撮影しています。)

歩21 (4)浜田第一中学校に残る覆練兵場

歩21 (2)窓以外の改装は、少ないと思われる。

歩21 (5)全体を見るが、残念ながら逆光。

歩21 (13)浜田高校の覆練兵場。基本的には2棟とも同じ作りであるが、こちらは窓を無くすなど多少の手が加えられている。

歩21 (12)内部の様子。

歩21
浜田護国神社に残されている、木口小平の像。
木口小平は日清戦争で戦死した喇叭卒で、戦闘中に弾に当り戦死したが、その際に喇叭を口から離さずにいた事から、戦前では美談とされ修身の教科書にも載っていた。
この銅像は、昭和7年、軍人勅諭御下賜50周年を記念して営庭に建立された物を、戦後に移設。台座は当時の物であるが銅像自体は復元であるらしい。
なお、小口氏は岡山県出身で、当時広島に兵営を置いていた歩兵第21連隊12中隊に所属はしていたが、浜田自体に縁は無い。

浜田護国神社の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR