高槻陸軍墓地

JR高槻駅の北側、天神山図書館の隣には高槻陸軍墓地が残されている。

説明によると
当所は 旧陸軍工兵第四大隊が明治四十二年に高槻に衛戍してから 日華事変までの間に公務傷病死した将兵の墓である
と書かれている(説明はひらがなでなくカタカナ:原文のまま)

高槻陸軍墓地 (2)
旧陸軍工兵之墓の碑
裏面に上記の説明が書かれている。

高槻陸軍墓地 (3)
墓石は将校2基と下士官兵12基の計14基しかないのは、説明文に「明治四十二年から 日華事変までの間に公務傷病死した」とあるので、戦病死を除く殉職者だけだからだろう。

高槻陸軍墓地
墓地の西側(図書館入口付近)に残る境界石。陸のみがかろうじて見える。

高槻陸軍墓地 (4)
墓地南東端と思われる境界石。
陸軍墓地に隣接する一般墓地の外に残っている。

高槻陸軍墓地、規模は小さいが手入れが行き届いている。JR高槻駅からもそれ程遠くないので、工兵第四連隊遺構と併せて是非訪ねてもらいたい。

また、高槻には「タチソ」と呼ばれていた高槻地下倉庫の遺構も残っているらしいが、地下壕は怖くて入れないのでパスする。

高槻陸軍墓地の位置はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR