第六号潜水艇殉難之碑

呉市呉市西三津田にある鯛乃宮神社には、第六潜水艇殉難之碑がある。
第6号潜水艇は、我が国が保有した6番目の潜水艇であるが、第5号潜水艇までは輸入であったので、実質の国産1号潜水艇でった。
この第6号潜水艇は、明治43年に広島湾で沈没、乗員全員が死亡した。
その後、引揚げた際に全員が持ち場を離れず、艇長の佐久間大尉は遺書に、艇を失い、部下を死なせたお詫びと、事故の原因、残された部下の家族への配慮等が記されていた。
これは国内のみならず、海外でも感銘を受け、美談として語られた。
第6号潜水艇は潜水学校に、「六号艇神社」として保存されていたが、戦後に解体された。

さて、この第六号潜水艇殉難之碑であるが、昭和34年に再建されたとされている。
だが、これは荒廃していた碑を昭和34年にリニューアルさせたのではないだろうか?
実際、終戦約2年後の、昭和22年5月の航空写真には、まだこの碑が写っている。
中の部品は戦後に納められた物だろうが、碑の規模や形状、再建させる費用などからも当時の物であると思うのだが、如何だろうか?(何の根拠もありません)

鯛の宮 (7)
途中には道案内がある。

鯛の宮
鯛乃宮神社の入口

鯛の宮 (2)
第六号潜水艇殉難之碑

鯛の宮 (3)
第六号潜水艇殉難之碑の銘板

鯛の宮 (4)殉難之碑には扉があり

鯛の宮 (5)中には、第6号潜水艇の部品が格納されている。

鯛の宮 (6)また、佐久間艇長の遺書が埋め込まれている。

第六号潜水艇殉難之碑の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。

佐久間艇長の話を初めて聞いた時は目頭が熱くなりました・・・

プロフィールに知らないうちに壇蜜様が(笑)
いいですねぇ

No title

この絵葉書もっています。

Re: No title

> ばんでらさん
お久し振りです。お元気でしたか?
第六潜水艇の乗員の行動は、日本人の誇りだと思います。

壇蜜、堪りませんな~!

Re: No title

> tigerさん
当時は名所だったのでしょうからね!
今も慰霊祭が行われているようです。

No title

さらに知りたくなって本を買いましたが時間が無くて・・・

見た目はもちろん、しゃべり方もいいですね!

Re: No title

> ばんでらさん
その若さで、壇蜜の良さが分かるとは、素晴らしい!!
ほんと、堪りませんな!
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR