福山陸軍墓地

兵営の西、明王院近くの山頂には、福山陸軍墓地があった。
現在は一般の墓地になっているが、陸軍用地の境界石が残っており、かつてそこが陸軍墓地だった事を物語っている。
過去に訪れた陸軍墓地同様、日露戦争以降の戦争(事変)は合葬碑となっていると思うので、明治41年以降に造られたこの墓地の個人墓は少なかったと推測する。
なお、合葬碑、慰霊碑、忠霊塔などは一切残っていない。

福山陸軍墓地 (9)陸軍墓地跡に向かう道端には、境界石が抜かれて倒れている。

福山陸軍墓地
最初に見つけた境界石。見難いが、外向きに陸軍用地と書かれている。

福山陸軍墓地 (2)
第九号と書かれている。

福山陸軍墓地 (4)
発見できた「陸軍用地」と書かれた境界石は4本である。

福山陸軍墓地 (3)
これは第八号

福山陸軍墓地 (5)
さらに、第七号もある。

福山陸軍墓地 (8)コンクリート製の境界石もある。観音崎砲台付近の境界石も、頂部に陸軍を示す「M」の記号が書かれている。

福山陸軍墓地 (7)
この境界石は文字は書かれていない様であるが、コンクリート製である事から「陸軍用地」と書かれている境界石よりは、新しい物ではないだろうか?
境界石にも、「M」だけや、「陸軍省所轄地」「陸軍用地」「陸軍」「陸」などの種類があるが、この使用時期や、使用基準等が判れば良いのだが・・・

福山陸軍墓地の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR