工兵第8連隊門柱

国立病院機構 盛岡病院は、工兵第8連隊跡地に建てられている。
工兵第8連隊は、工兵第8大隊として、明治29年、仙台で編成され、明治31年、第8師団新設に伴い、
弘前へ移転。
明治41年、盛岡に転営した。
明治45年4月から朝鮮駐留し、大正3年4月、盛岡に帰還。
その後、シベリア出兵、満州事変に従事。
昭和11年、連隊に昇格。
同年、満洲に移駐のため、盛岡を離れる。
その後の兵営跡地が、どの様に使われたかは不明。
こちらのHPを参考にさせていただいた。

工8 (6)病院敷地内に門柱が保存されている。この一角は、工兵園と名付けられた庭園になっている。

兵営図
当時の地図(明治44年測図) 騎兵第24連隊の南側が兵営であった。
(著作権の関係上、この大きさでしか掲載できません。)

工8 (7)
門柱自体の状態は良いとは言えない。

工8 (2)工兵営跡の碑

工8 (3)工兵第八連隊碑

工8 (4)詳細不明の燈篭。兵営内にあった物か?

工8 (5)工兵園外側の塀。直感では当時の物だと思うが、詳細不明。

工8盛岡病院敷地内や周辺には、桜の大木が多く残る。兵営時代の物だろうか?

工兵第8連隊門柱の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。
最近は暇があれば、YouTubeで河合奈保子の動画を観ています。奈保子ちゃん本当に可愛いです!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR