静岡陸軍墓地 その2

静岡陸軍墓地には、いくつかの個人墓が残っている。

静岡陸軍墓地2 (9)個人墓のある一角

静岡陸軍墓地2 (2)こちらは、一つだけ離れてある、ドイツ人水兵と言われる墓。詳細は不明だが、第1次世界大戦で捕虜になった人の物であろう。

静岡陸軍墓地2
個人墓区画入口に有る碑。一部、損傷していて読めないが、首山堡戦で戦死した関谷連隊長を顕彰して、
昭和4年8月31日に像を建立した時の物のようだ。

静岡陸軍墓地2 (4)下士官兵の個人墓。数も少なく、日露戦争以前の死亡者の物であった。

静岡陸軍墓地2 (8)将校の個人墓。主に尉官の物であり、全員のを確認していないが、首山堡戦や奉天戦での戦死者の物があった。いくつかの陸軍墓地を見てきたが、日露戦争で戦死した人の個人墓は珍しく、多くは合葬碑となっている。

静岡陸軍墓地2 (7)こちらは佐官の個人墓。真ん中は連隊長であった関谷大佐であり、その他も大隊長、中隊長クラスのものだと思われる。

静岡陸軍墓地2 (5)
首山堡で戦死した連隊長 関谷大佐の墓

静岡陸軍墓地2 (3)
第1大隊長であった橘中佐の墓。

さて、先にも述べたように、日露戦争での戦死者の個人墓が陸軍墓地に有るのは、稀なケースだと思う。
静岡陸軍墓地には何故、日露戦争戦没者の合葬碑があるのに、個人墓があるのだろうか?
これは推察なのだが、橘中佐の個人墓を残したかったのではないだろうか?
日露戦争で誕生した陸軍の軍神 橘中佐の名を合葬碑にではなく、個人の墓として残したかったが、1人だけ特別扱いする訳にはいかず、かといって全員の個人墓は作れないので、将校のみを個人墓としたのではないかと考える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

軍歌「橘中佐」、軍歌があるのは知っていましたが、恥ずかしながら初めて聴きました。SPレコードの雑音もなかなか味があるものですね。

合葬ではなく将校の個人墓があることについての考察、なるほどと思います。

Re: No title

>>トッポ作さん
明治の軍歌は歌詞が難しいですが、テンポが良くて好きです。

個人墓の件、何か理由があると思いますが、これが一番かな?と思っています。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR