名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原分廠 その2

関ヶ原 (5)
門柱を越えて進んで行くと、右手に立哨小屋がある。

関ヶ原 (7)
写真を見てお判りだろうが、立哨小屋が道路に背を向けている。移設だろうか?

関ヶ原 (9)立哨小屋の先には、火薬庫へ通じるトンネルがある。この先に、遺構は見付けられなかった。

関ヶ原 (11)さらに進むと、関ヶ原メナードランド跡地にも火薬庫がある。これは山を掘ったのではなく火薬庫を造った後に盛り土したと思われる。

関ヶ原 (13)道路沿いにもある。

関ヶ原 (15)入口には番号が書かれている。奥の白く塗られている火薬庫が7か所、道路沿いには3か所の入口があり、13,14,15の番号が書かれている。これ以外に、少なくとも5か所の火薬庫がある(あった)と思われる。

関ヶ原 (17)もう1つ火薬庫に通じるトンネル。この中に木造(推定)の火薬庫が建てられていた。

関ヶ原 (19)火薬庫を囲んでいる土塁。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【名古屋陸軍兵器補給廠 関ヶ原分廠 その2】

門柱を越えて進んで行くと、右手に立哨小屋がある。写真を見てお判りだろうが、立哨小屋が道路に背を向けている。移設だろうか?立哨小屋の先には、火薬庫へ通じるトンネルがある。...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。
最近は暇があれば、YouTubeで河合奈保子の動画を観ています。奈保子ちゃん本当に可愛いです!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR