熊谷陸軍飛行学校桶川分教場 その4

宿舎の周りにはいくつかの遺構があるので、それを紹介する。

桶川飛行学校 (12)宿舎の裏には便所がある。

桶川飛行学校 (3)便所の内部。当時とほとんど変わっていないと思われる。

桶川飛行学校 (15)さすがに便器は新しい物だろう。

桶川飛行学校 (16)宿舎と便所の間には防火水槽がある。この写真は下士官室の中から撮った。

桶川飛行学校 (2)営門から見て左奥にも防火水槽がある。

桶川飛行学校 (4)宿舎と便所の間にある建物。これは戦後に建てられた物らしい。

さて、前にも記した様に、熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡地は、「旧陸軍桶川飛行学校を語り継ぐ会」の方の案内で、土曜、日曜、祝日の10:00~16:00の間、見学が出来る。
会員の方は御高齢ながら精力的に活動をされているので、是非とも足を運んでもらいたい。
公共機関での行き方は、桶川駅から桶川市内循環バスの西循環または東西循環(外回り)で、西18 三ツ木バス停下車、徒歩5分。(詳しくはこちら
また、東武バス 川越04系統 川越駅行きで、柏原バス停下車すぐ。

私が訪ねた時に案内して下さった柳井氏は、元桶川分教場の整備員でいらっしゃった。
実はこの桶川でも特攻隊が編成され出撃している。
陸軍初の練習機で編成された第79振武隊は、昭和20年4月5日に桶川を離陸し知覧へと向かった。
その際、柳井氏は機体整備のため、中継基地である小月基地まで、京都出身の山本少尉(戦死後大尉)の後部座席に乗って行った。山本少尉機は京都で編隊と分離し、低空飛行を行うと、そこには日の丸を振る家族の姿があった。(会報より抜粋)
その後、第79振武隊は4月16日知覧より出撃した。

第79振武隊陸軍軍曹(戦死後少尉)佐藤 新平(享年23歳)
辞世の句 身はたとへ 敵艦船と砕くとも 七度生む あかきこころは 

旧陸軍桶川飛行学校を語り継ぐ会のHPはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。
最近は暇があれば、YouTubeで河合奈保子の動画を観ています。奈保子ちゃん本当に可愛いです!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR