若松連隊将校集会所

若松連隊兵跡地の一角には、将校集会所と言われている建物が残っている。
こちらのサイトによれば、明治41年の建築となっており、会津若松に兵営が出来た当初の建物と思われる。
少尉に任官した石原 莞爾は歩兵第65連隊に配属されているので、この集会所を使っていたのだろう。

会津若松将校集会所 (6)戦後は引揚者住宅や独身寮と使用された様だが、現在は使用されていない。
歩兵第20連隊の将校集会所を参考にすると、こちらが正面だと思われる。

会津若松将校集会所 (4)正面を右側から見る。

会津若松将校集会所
こちらが裏口だと思う。建物に囲まれており、集会所の全体を撮るのは困難である。

会津若松将校集会所 (5)集会所入り口 基礎はレンガである事が判る。大きな改装はなく当時の外観を保っていると思われる。

会津若松将校集会所 (2)入口や窓のひさし部分には細工が施されている。

会津若松将校集会所 (3)
正面入り口 残念ながら建物の傷みが激しく、近い将来に取り壊される運命であろう。

若松連隊将校集会所の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR