海軍兵学校 展示兵器

旧海軍兵学校跡地である、海上自衛隊第1術科学校には海軍の兵器が多く残され、展示されている。
今回は、その展示されている兵器を紹介する。

展示兵器 (8)特殊潜航艇「甲標的」真珠湾攻撃に参加し還らなかった5隻のうちの1隻。
発見当時、発射管には魚雷が装填してある可能性があったので前部は引揚げず、日本に帰った後に復元した。

展示兵器 (9)特殊潜航艇「海龍」 これは教育用に作られた、カットモデルである。

展示兵器 (6)
戦艦 大和級の主砲である46cm砲弾。

展示兵器 (7)
三景艦の主砲弾
三景艦とは日清戦争で活躍した巡洋艦で、「松島」「厳島」「橋立」と日本三景の名前が付いているため、
三景艦と言われ、主砲は32cm砲である。

展示兵器 (10)
36cm一式徹甲弾 この砲弾は昭和17年10月13日夜、第3戦隊(戦艦 金剛 榛名)が、
ガダルカナルの飛行場に向けて発射した物である。 

展示兵器 (11)駆逐艦 雪風の錨。雪風はミッドウェー海戦など主要な海戦に参加、戦争末期には戦艦大和を主軸とした沖縄水上特攻作戦に参加するも無事帰還し、「雪風は沈まず」と語り継がれている。
戦後は台湾(中華民国)へ賠償艦として引き渡され、その生涯を終える。

以上は、教育参考館付近に展示されていて、通常の見学で見る事が出来るが、以下の物は通常の見学コースには入っていない。

展示兵器 (14)
グランドの南側に保存されている 巡洋艦 明石 のマスト。明石は明治32年就役、日露戦争では日本海海戦等に参加し、第1次世界大戦では地中海まで遠征した。昭和3年退役。(案内板に一部加筆)

展示兵器砲術講堂の横には戦艦陸奥の4番主砲が置かれている。
この砲塔は、陸奥の近代化工事の為に撤去された物を、昭和10年に兵学校生徒の教材としてこの地に移設された。

展示兵器 (2)
砲塔の横には、これの砲弾がある。

展示兵器 (5)駆逐艦 梨の1番砲であった、89式12.7cm高角砲。
梨は改丁型駆逐艦の10番艦として、昭和20年3月就役したが、7月山口県柳井沖で米軍機と交戦するも、
奮闘虚しく沈没した。戦後、これを引き上げ護衛艦として使用した。

展示兵器 (13)梨の1番砲を正面から見る。

展示兵器 (3)2つの大砲を比べてみる。

展示兵器 (12)92式4連装魚雷発射管 これも駆逐艦 梨に搭載されていた物で、酸素魚雷である93式魚雷の発射管である。

展示兵器 (4)魚雷発射管の奥には、魚雷が置いてある。
手前から潜水艦用の酸素魚雷である95式魚雷。真ん中が91式航空魚雷。
奥が水上艦用の93式魚雷(酸素魚雷)である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんなに沢山展示されていたんですか・・・
立派な教材ですね。
魚雷なんかは防大の開校祭でしか見た事がないので羨ましいです。

Re: No title

>>ばんでらさん
国内で戦艦の砲塔を見れるのは、ここと三笠くらいではないでしょうか?
以前は陸奥の砲塔も見学コースに入っていたらしいのですが、「参考館をゆっくり見たかった」との意見が多く、そっちの時間を多くしたためにコースから外れたそうです。

江田島

ここは、是非とも訪れたい所です。
父に聞いたところ、昔江田島の学校にいたとの事でした。
乗っていたのは、小さな艦だったよと語ってくれました。
貴重な写真をありがとうございました。

ちなみに、三笠の砲塔は戦後に復元された張りぼてなので、純然とした物は
陸奥のこれだけかも知れません。

Re: 江田島

>>yakumoさん
江田島の学校ですか!第1術科学校でしょうか?もしかして兵学校?

砲弾は良く見かけますが、甲標的や海龍は他にも有るのでしょうかね?
江田島は行かれた事がありますか?
呉と併せて見所が一杯ですので、まだならお勧めです。

No title

はじめまして、先日私のブログにコメント頂きありがとうございます。
私も江田島には見学に行ったのですが、
陸奥の主砲は見れませんでしたのでうらやましいです。
たしかに参考館を長く見たいのはわかるんですが。

Re: No title

>>しげぞうさん
はじめまして、御丁寧にありがとうございます。
通常の見学でも、頼むと砲塔まで行かせてもらえますが(私が行ったのは土曜日だったからかもしれません)
、絶対とは言えないので、確実かつ、ゆっくり砲台を見るには、来年の一般公開に行くのが間違いないと思います。
江田島には砲台もあるので、是非とも、再訪してください。

No title

私も案内の方に頼んでみればよかったです、
ただ呉も江田島も、と言うか広島は軍関係のものが
まだまだ見れてないものがあるので、いずれ再訪したいです。
一般公開も年1回とかで予定が合わなかったりして、なかなか・・・
今年も旧横須賀鎮守府長官官舎の
一般公開に行こうと思ってたけど行けませんでした。

Re: No title

>>しげぞうさん
駐屯地によっては、見学は1か月前までに予約、平日のみとなっているところもありますし、お願いしても「その日は対応できる物がいない」と断られる事もあります。
兵学校は、予約なしで、平日だけでなく土日も見学できる、自衛隊としては珍しい施設です。
砲塔の見学は、案内者によって変わると思います。
ただ、平日で授業を行っている時は、無理かもしれません。



プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR