海軍兵学校 その他の建物

海軍兵学校の敷地内には、今まで紹介した遺構以外にも遺構が残っている。今回はそれらを紹介する。

兵学校その他 (2)門を入ってすぐ左手にある建物。2階の窓の形状から、兵学校時代に建てられた物であろう。
(海軍兵学校研究の第一人者である宇根川 進氏より、戦後に建てられた物とのご指摘をいただきました。)


兵学校その他 (3)その奥には、車庫と一体となった建物がある。最初から車庫と一体だったのか、後に改装されたのかは不明。

兵学校厠大講堂と東生徒館の間にある、レンガの建物。昔はトイレだったようであるが、現在は倉庫として使っているらしい。

兵学校厠 (2)トイレの隣にある建物は、皇室専用トイレだった様である。

兵学校その他 (4)砲術講堂。こちらのサイトを参考にすると、昭和10年~16年に建てられたと思われる。

兵学校その他 (5)表桟橋。実は海軍兵学校の表玄関は、海に面したこの桟橋である。
船を基準にした海軍らしい発想で、見学の時に通る門は、実は裏門だそうである。

兵学校その他武道場。兵学校時代は何棟か有った様だが、現存しているのはこれだけである。
しかし、改修されていて、言われないと兵学校時代の建物とは気付かない。

兵学校その他 (6)海上自衛隊第1術科学校の境界塀。これも兵学校時代の物だろう。
(これも、戦後の物であるとご指摘をいただきました。)

兵学校その他 (7)これも造りから遺構である事は間違いないと思うが、昭和17年8月着工の兵学講堂(海岸)だろうか?

兵学校その他 (8)こちらも詳細不明であるが、同時期の物であると思われる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

海軍兵学校砲術第一講堂

初めましてグズグズ(ブログ名)と申します。近代建築に関するブログを掲載しています。たまたま写真の砲術講堂に関する資料がございましたのでお知らせいたします。「建築雑誌昭和10年6月号」の竣工建築物一覧に「海軍兵学校砲術第一講堂建築工事」の欄に詳細が載っています。
竣工:昭和10年3月、設計:呉海軍建築部、施工:大倉土木、起工:昭和9年11月、構造:鉄筋コンクリート造 4階建 220坪

建築雑誌600号
http://ci.nii.ac.jp/vol_issue/nels/AN00079427/ISS0000215633_ja.html

Re: 海軍兵学校砲術第一講堂

>>グズグズさん
はじめまして、御教示ありがとうございました。
早速、ブログ本文を改正させていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。
最近は暇があれば、YouTubeで河合奈保子の動画を観ています。奈保子ちゃん本当に可愛いです!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR