歩兵第50連隊

長野県松本市には、かつて歩兵第50連隊が兵営を置いていた。
歩兵第50連隊は日露戦争の最中である、明治38年3月に連隊本部と第2大隊は仙台、第1大隊は東京、第3大隊が村松で編成され4月15日、仙台宮城野練兵場で軍旗が親授された。
連隊は7月に青森港を出港し樺太に上陸、転戦した後、凱旋帰国するも、同年9月には台湾守備に、翌年4月には朝鮮の守備を命じられ2年後の明治41年11月に帰国、松本に兵営を置いた。
しかし、5年後の大正2年に満州駐剳が命じられる。大正8年から10年にかけてシベリア出兵に参加後、帰国する。
昭和2年、再び満州駐剳が命じられ、昭和3年には山東出兵に派遣される。昭和4年松本に戻るも、昭和7年、満州事変に出動、数々の戦闘に従事し昭和9年5月下旬に帰国、昭和11年に起った2・26事件では東京で警備に就く。昭和12年7月、日中戦争が勃発すると動員下令され、大陸に出征する。各地で戦闘、警備を行い、昭和14年末に松本に帰還する。
昭和16年4月、編成替えにより満州に移駐し、関東軍隷下に入る。
昭和19年2月、サイパン守備の命を受け出発するが、途中、テニアン島を守備する予定だった歩兵第18連隊の乗った埼戸丸が米潜水艦の攻撃を受けて沈没、壊滅状態となったためテニアン島に上陸、以後、テニアン守備の任に就く。
7月24日、米軍がテニアン島に上陸を開始。圧倒的優勢な米軍に対し、勇敢に迎え撃つも、徐々に制圧され、8月3日、最後の突撃を敢行し玉砕する。
ただ、連隊の一部をロタ島に派出しており、その人員は無事帰国している。
(「わが連隊」ノーベル書房より抜粋)

歩兵50連隊 (2)歩兵第50連隊兵営跡地は、信州大学になっており、糧秣庫と言われるレンガ建築が残っている。問い合わせたところ、入口で守衛さんに言えば見学は自由との事だった。

歩兵50連隊入口ドアや窓はリフォームされているが、外観に大きな違いは無いと思う。

歩兵50連隊 (3)通用門と思われる門柱が、短くされて移設保存されているが、何もこんなに短くしなくても・・・

歩兵50連隊 (4)建物に囲まれていて全体を写す事は難しい。

歩兵50連隊 (5)こちらに出入り口がある。ネットなどで調べると、この糧秣庫が歩兵第50連隊の唯一残る遺構と紹介されているが・・・

歩兵50連隊 (9)近くにもレンガ建てが残っている。こちらはペンキが塗られているが、

歩兵50連隊 (10)反対から見ると、イギリス積みである事が判る。戦後にレンガで建てたとは思えないので、これも遺構であろう。

歩兵50連隊 (7)こちらも遺構かと思ったが、戦後すぐの航空写真に写って無いので違うようだ。

歩兵50連隊 (12)
護国神社の向かいには、旧歩兵第50連隊跡の碑がある。

歩兵50連隊 (14)陸上自衛隊松本駐屯地には、営門が移設保存されているが、こちらも短くなっている。何だかな~

歩兵第五十連隊 大正初期の営門 (写真提供:tiger氏)

歩兵50連隊 (13)
「陸軍用地」の境界石もある。

歩兵第50連隊糧秣庫の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR