海軍兵学校 東生徒館1

瀬戸内海に浮かぶ広島県江田島は、海軍の一大拠点であった呉港の目前にあり、海軍兵学校が置かれていた。
東京の築地にあった海軍兵学校が、明治19年にこの江田島への移転が決まり、明治21年8月に移転した。
兵学校跡地は現在、海上自衛隊幹部候補生学校及び第1術科学校となっており、見学が可能である。
(但し、見学は時間が定められていて、案内者のもと、定められたコースを団体で見て歩く)
また、桜の時期になると一般開放され(3月下旬か4月上旬)、その時は自由に校内を見学する事が出来、普段は見れない場所も見る事が出来る。詳しくはこちら

東生徒館 (8)海軍兵学校東生徒館。明治24年起工、同26年完工した。
昭和13年に新生徒館(西生徒館)が出来たから東生徒館と言われる様になったのか?
多くの人が、海軍兵学校と言えば、この建物を思い浮かべるだろう。通称「赤レンガ」と言われ、現在も海軍兵学校の後身である、海上自衛隊幹部候補生学校として使われている。
さて、阪神大震災後に耐震強度を調べたところ、強度不足が判明し大規模な耐震補強の改修がなされたが、西生徒館は改修せずに取り壊された。

東生徒館 (9)正面部分。説明では、以前にレンガ建築の番付が作られた事があり、東の横綱は東京駅、西の横綱はこの海軍兵学校東生徒館だったらしい。
また、使われているレンガは全てイギリスから運ばれて来たとの説があるが、これは眉唾物で、レンガ1個の値段が建築作業員の日給の倍とも3倍とも言われており、一部は輸入物かもしれないが、さすがに全部は無いだろうとの事。

東生徒館 (7)東生徒館の全景 後ろに見える山が古鷹山である。

東生徒館 (3)正面入り口のアップ

東生徒館 (5)正面入り口から上を見る。

東生徒館 (4)内部の様子。これ以上は立ち入り禁止である。

東生徒館反対側から見る。 通常の見学では見れません

東生徒館 (6)正面向かって右の側面

東生徒館 (7)さて、一つ上の写真にも写っているが、兵学校に植えられている松は、まるで杉の様に真っ直ぐ伸びている。これは、いつも「気を付け」の号令を聞いているから真っ直ぐになるとか、兵学校の生徒を真似て真っ直ぐになっているとかの話が、まことしやかに言い伝えられている。

海軍兵学校の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レンガの話おもしろいですね。
明治16年建築の、築地の生徒館はレンガの値段までわかるのに、後に建てられたほうがわからんというのもおかしな話です。

Re:No title

>けむぞうさん
築地の兵学校のレンガは、輸入品だったから値段が記録されているのかもしれませんね。
さすがに江田島のレンガは国産だと思います。

No title

お久しぶりです。
松のお話ですが本当かどうかわからないけどおもしろいですよね。
偶然かも知れないけど信じたくなる内容ですね。

Re:No title

>ばんでらさん
何でなんですかね?
遠目から見ると杉みたいです。
全部が全部、真っ直ぐなのが不思議です。

No title

やっぱり気を付けの号令でしょうね。
言われてみないと気付かないですよね。
自分が行った時はその話を聞かなかったので気が付きませんでしたが・・・

Re: No title

>>ばんでらさん
私は通常の見学と、年に一度の基地公開の2回見学に行きました。
通常の見学は、案内者によって内容がずいぶん違ってくるようです。
松の話も、レンガの話も案内の人が教えてくれました。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR