宇都宮陸軍衛戍監獄

宇都宮少年鑑別所は、宇都宮陸軍衛戍監獄の跡地にある。陸軍衛戍監獄は昭和15年7月31日、東京、大阪、小倉の3か所が陸軍刑務所に、その他は陸軍拘禁所と改名された。 (アジア歴史資料センターRef.A0302249110、昭和十五年・勅令第五一一号・陸軍監獄官制中改正)
少年鑑別所の南側にはいくつかの境界石が残っている。今回は文字が確認できた物だけを紹介する。

衛戍監獄 (3)1つ目の境界石。かろうじて文字が読める。

衛戍監獄こちらの境界石は、個人宅の前の駐車場の片隅にある。ちょうど住人の方がいたので、趣旨を説明して見せて頂くが、「こんな所に陸軍は無かったから、違うよ!」との事。

衛戍監獄 (2)
こちらは、陸軍用まで見える。
住人の方が「違うでしょ!」と言うので、「陸軍の境界石ですね」と答えると、
「へぇ~、知らなかったな。ところで、何でこんな事してるの?」
「趣味で・・・」
「何かメリットあるの?」
「・・・!」
「こんな事して、楽しいの?」
「・・・!」

今回もまた、そこナニBlogさんを参考にした。

宇都宮陸軍衛戍監獄の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>「何かメリットあるの?」
おおう・・・
>「こんな事して、楽しいの?」
おおーう・・・

昔、ある武道の先生が仰られたことを思い出します。
曰く、「武道は、人生の大切な時間を無駄にして修行するもの」
精神性の高い、高尚なことをやっていると思い込んでいた私には目の覚めるようなお話でございました。
趣味ってみんなそうですよね。

私の次回探索予定は、すっかり市街化した陸軍第二病院跡なので何も遺構は無さそうですけど、万一見つけたときのガッツポーズは控えめにしようと思うのであります。

Re: No title

>>けむぞうさん

趣味の道は、他人には理解してもらえないですね・・・
住宅街で何かを探している姿は、誰がどう見ても不審者ですからね。
警察を呼ばれないだけでも、ラッキーでしょうか?

陸軍第二病院跡ですか!新たな発見を期待しています。

No title

相変わらず同じような質問攻めにあってるんですね(笑)
僕も不審者がられないよう気をつけます(^_^;)

Re: No title

>>たくあんさん
基本、自分から先に声を掛ける様にしているんですが、興味の無い人には不審者ですよね。
自分で言うのも何ですが、変わり者ですから・・・

自分が納得してればOKでしょう

自分も聞かれた事が有りますが、「楽しくなければやりません」と即答しました。
返事は「ご苦労さん」の一言でしたが・・・・
特に自分の様な地下系の人は、年中泥だらけで、山中をさ迷っている変な人に見えるでしょうね?

Re:自分が納得してればOKでしょう

〉yakumoさん
「楽しくなければやりません」
まさに正論ですが、他人の家の周りをこそこそと何かを探す姿は、どう考えても不審者ですから、不思議がられても仕方ありませんね!

No title

旧軍遺構ではなく、戦前の建築物でしたが、私も聞かれたことがありますが、はっきりと「楽しいから趣味で調べてるんですよ。」と言ってます。
その後、興味深げに色々聞いてくる人もいますしね。

Re:No title

>べーさんさん
皆さん同じ様な経験をされているのですね!
趣味も多種多様ですから、他人には理解出来ないかもしれませんが、自分が楽しければ良いと思います。

No title

楽しいですよねー分かりますよ!

Re: No title

>通りすがりさん
はい、とても楽しいです。この為に働いてると言っても過言ではない位に楽しいです。
御理解頂けて、嬉しいです!
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR